客様サポート

携帯電話・PHSからも利用可
【受付時間】平日8:00~20:00
土日・年末年始を除く

LINEアプリからも利用可
[チャット受付時間]
平日8:00~17:00
(土日・年末年始を除く)

テクニカル分析解説

ホーム/他のサービス/テクニカル分析解説

過去の相場動向から将来の値動きを予測するテクニカル分析について、基本からわかりやすく解説しております。チャートの勉強をしたいという方は、是非ご覧ください。

トレンド

トレンドとは相場の動きの方向性のことで、上昇トレンド、下降トレンド、横ばいトレンドの大きく3つに分けられます。

トレンドライン

トレンドラインとは、上昇トレンドであればローソク足の安値と安値を結んだ線、下降トレンドであれば高値と高値を結んだ線のことを言います。上昇トレンドではサポート(下値支持線)、下降トレンドではレジスタンス(上値抵抗線)になります。

ローソク足

為替レートの値動きをチャートで表す際、一般的によく使われてるものがローソク足チャートです。ローソクのような形をしており、ローソク1本でその時間帯の始値・高値・安値・終値の4本値が分かります。

新値足

新値足とは、ローソク足のような「時系列チャート」ではなく、「非時系列チャート」です。チャートに時間の要素を加えず、価格変動に重点を置くことで、目先の小さな価格変動にとらわれずに相場の 流れをとらえるチャートです。 新値足は、相場の流れと、流れの転換を見るための指標です。

平均足

平均足とは、価格の平均値(日足なら1日の平均)を重視して作られる足のことで、ローソク足の値動きのブレをなくすよう修正されているため、トレンドが分かりやすいというメリットがあります。

チャートパターン

チャートパターンは、2本の直線に挟まれた相場の形を元に将来の価格を予測するチャート分析方法です。これまで解説したトレンドライン・トレンド分析と同じく一般的なチャート分析の方法です。チャートパターンには、三角形やダブル・トップなど、形によって15近いパターンがあります。

フィボナッチ

自然界に存在する黄金比率を用いて、トレードの世界においても値動きを予想できるという考えです。一般的なフィボナッチ・リトレースメント(フィボナッチ戻し)とフィボナッチ・エキスパンションについて。

━無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項
無登録の海外所在業者がデリバティブ取引の勧誘を行っている場合がありますのでご注意ください。

必ずお読みください>>無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項

━自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項
無登録で会員制の自動売買ソフトの販売・レンタル行為をする場合、金融商品取引法上の懲役・罰金が適用される場合があります。

必ずお読みください>>自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

必ずお読みください>>スプレッド広告に関する注意事項
━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。