客様サポート

携帯電話・PHSからも利用可
【受付時間】平日8:00~20:00
土日・年末年始を除く

LINEアプリからも利用可
[チャット受付時間]
平日8:00~17:00
(土日・年末年始を除く)

チャート

ホーム/FX/MT4/チャート

ヒストリカルデータの取得方法

ヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)のインポート手順を解説します。FXTF MT4では、2012年1月3日以来の実際の価格データ(CSV形式)をダウンロードいただけます。

ヒストリカルデータをダウンロードする

ヒストリカルデータ(過去のチャートデータ/CSV形式)を会員専用のマイページからダウンロードし、PCに保存します。

2015年6月29日よりGMT+3(夏時間)/GMT+2(冬時間)で提供しています。2015年6月29日以前のチャートデータの時間および取引履歴、口座明細書の約定時間等に関しては、日本時間表示となりますのでご注意ください。

EA(Expert Advisor)やインディケータが、ローソク足の数やタイムゾーンを基準にプログラムされているものは、変更が必要な場合がありますのでご確認ください。なお、誠に申し訳ございませんが、弊社ではプログラミングの内容については、サポートができませんので、ご自身でご対応頂くか、EA等の開発元、販売元にお問い合わせください。

   マイページにログインする

01.

サイドメニューから 「チャートデータ」を開き、ダウンロードしたい通貨ペアをクリックし、PCにダウンロードします。保存場所はお客様のわかり易い場所でOKです。 例.)ダウンロードフォルダ、デスクトップ等

※ダウンロード方法はご利用のブラウザ毎に操作が異なります。zipフォルダが自動で開かれるブラウザもあります。操作が分からない場合は、ご利用のブラウザ公式サイトのヘルプ等でご自身で操作をご確認ください。

※データは、1分足の売値(BID)の四本値(始値、高値、安値、終値)です。

02.

保存したzipフォルダをダブルクリックして開きます。csvファイルを右クリックでコピーし、ダウンロードフォルダやデスクトップ等分かりやすい場所に貼り付けます。

ヒストリカルデータのインポート前にデータを削除する

※データが残っている状態でインポートすると、上書きされず、データが追加されます(二重になります)。それによりデータに不整合が発生するため、削除をご案内しております。

この操作では、過去にインポートいただいたヒストリカルデータも削除されます。

オフラインチャートから表示できるデータも削除されますので、削除したくないデータがある場合は、下記の操作を行ってください。

01. 必要なデータを残して、削除してください。

02. 必要なデータをデスクトップなどにバックアップしてください。下記削除を行った後にバックアップしたデータを「history」フォルダ内に戻してください。

データフォルダ内の以下データを削除する

01.

FXTF MT4の「ファイル」をクリックし、「データフォルダを開く」を選択します。

02.

「history」をダブルクリックして開きます。

03.

「FXTF-Live※」をダブルクリックして開きます。

※デモを利用している場合は「FXTF-Demo」フォルダを開きます。

04.

「FXTF-Live」フォルダは開いたまま、MT4を右上の×ボタンで閉じます。

※MT4を閉じる際にデータが生成されるため、MT4を閉じる前にフォルダ内のデータを削除してもデータが復活してしまいます。

05.

「FXTF-Live」フォルダ内のデータを全選択します。

※キーボードの「Ctrl」+「A」で全選択ができます。

06.

選択したデータ上で右クリックをして「削除」を選択します。

07.

削除完了後、MT4を再度起動します。

ヒストリカルデータをMT4にインポートする

FXTF MT4を起動し、「ツール」メニューから「ヒストリーセンター」を選択し、「ヒストリー・センター」ウィンドウを開きます。

「ヒストリー・センター」ウィンドウ左のツリーから「Forex(-cd)」をダブルクリックし、通貨ペアの一覧を表示させます。

01.

「AUDJPY(-cd)」の過去のチャートデータをインポートする場合、「AUDJPY(-cd)」をダブルクリックして 時間足の一覧を表示させ、「1Minute(M1):1分足」をダブルクリックして選択します。

02.

「インポート」ボタンをクリックしてインポートウィンドウを開きます。

インポートウィンドウの「参照」または「ブラウズ...」ボタンをクリックし、過去のチャートデータをダウンロードしたPCフォルダを開きます。

ヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)のCSVファイルを選んで開きます。

ヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)がインポートされたことを確認し、「OK」ボタンをクリックして終了します。

1分足のヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)を元に、5分足や1時間足、また標準には無い3時間足などを作成することも可能です。
説明資料 1分足から他の時間軸のチャートを作成する方法(PDF)

MT4がフリーズしたり、重いとき

画面上部のメニューバー「ツール」⇒「オプション」⇒「チャート」タブ内のヒストリー内の最大バー数とチャートの最大バー数の数字を「9999999999999…」等、大きくすると、それだけ多くのデータを読み込むことになるため、MT4がフリーズしたり動作が重くなる場合があります。
ご利用のパソコンのスペックに依存しますが、動作が重い場合はこちらの数値を調整してみてください。

・ヒストリー内の最大バー数・・・・・MT4で保存しておくローソク足の本数
・チャートの最大バー数・・・・・・・MT4を起動したときに表示されるローソク足の本数

MT4チャートでヒストリカルデータがインポートされたことを確認する

ヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)をインポートした通貨ペアと時間足のチャート(上記例ではAUDJPY-cdの1分足チャート)を開き、自動スクロール(Auto Scroll)の選択を外し、オフにします。

次に、チャート上でキーボードの「Home」ボタンをクリックし、2012年1月3日のローソク足が表示されていることを確認します。

※自動スクロール(Auto Scroll)は、初期設定ではオン:選択状態です。オンの場合、自動で最新のローソク足に移動してしまうため、過去のチャートを遡るときにはオフ:選択を外した状態にします。

※「Home」ボタンは、チャートに表示している最も古いローソク足のポイントまでジャンプできるMT4のショートカットキーです。

【参考】その他の確認方法

ファストナビゲーションボックスを使用して確認する方法も紹介します。

チャートの時間軸上の左端あたりでダブルクリック(またはEnterキー)すると開く「ファストナビゲーションボックス」に、「2012.01.03」を入力し、Enterキーを押してください。データが存在する場合は、2012年1月3日のローソク足のポイントまで移動します。

━無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項
無登録の海外所在業者がデリバティブ取引の勧誘を行っている場合がありますのでご注意ください。

必ずお読みください>>無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項

━自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項
無登録で会員制の自動売買ソフトの販売・レンタル行為をする場合、金融商品取引法上の懲役・罰金が適用される場合があります。

必ずお読みください>>自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

必ずお読みください>>スプレッド広告に関する注意事項
━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。