信託会社は、関連法規等により、受託している信託財産を信託会社自身の固有の資産と明確に分別して管理することが義務づけられており、万一、破綻してもその債権者が顧客区分管理信託の受益者元本を差し押さえることはできないなど、信託財産(お客様の資産)は信託法により保護されております。