客様サポート

携帯電話・PHSからも利用可
【受付時間】平日8:00~20:00
土日・年末年始を除く

LINEアプリからも利用可
[チャット受付時間]
平日8:00~17:00
(土日・年末年始を除く)

沿革

ホーム/沿革

沿革

2020年7月

法人向け外国為替取引サービスを終了。

2020年7月

BO取引【FXTF バイナリー・トレード】取扱終了。

2020年4月

イメージキャラクターに山本舞香さんを起用。

2020年3月

財務戦略の観点から柔軟な資本政策の実現等を確保するため、減資2億5000万円(減資後資本金1億円)を実施。

2019年6月

代表取締役社長に呉一帆就任。

2019年4月

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社に商号変更。

2019年2月

代表取締役に呉一帆就任。

2018年12月

実質的な経営権がUpper Joyful Limited,からGoldenway Investments Holdings Limitedに異動。

2018年11月

ビットトレード株式会社の非関連会社化。

2018年5月

実質的な経営権が FXTrade Pte. Ltd. Singapore から Upper Joyful Limited, に異動。
新経営体制発足。

2017年9月

ビットトレード株式会社が仮想通貨交換業者として関東財務局に登録。

2017年5月

ビットトレード株式会社をグループ会社化(出資比率25%)し、ビットコイン事業に本格参入。

2017年2月

ビットトレード株式会社に資本参加(出資比率14.9%)。

2016年11月

店頭外国為替証拠金取引【FXTFミラートレーダー】サービスの取扱を終了。

2016年11月

【らくらくFX】サービスの取扱を終了。

2016年10月

【FXTF MT4】CFD銘柄「日経225先物、NYダウ先物、WTI原油先物、金」の価格配信を開始。

2016年9月

ブラウザ版MT4【FXTF MT4 ウェブトレーダー】取扱を開始。

2016年9月

「イオン銀行」と「セブン銀行」をクイック入金の提携先金融機関に追加。

2016年7月

店頭外国為替証拠金取引【高速FX】サービスの取扱を終了。

2016年4月

一般社団法人 仮想通貨ビジネス勉強会の正会員に参加。

2016年4月

一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)の設立に参画。

2016年4月

イメージキャラクターに小島瑠璃子さんを起用。

2016年3月

信託保全先をドイチェ信託株式会社から日証金信託銀行株式会社に変更。

2015年8月

FX自動売買【FXTF ミラートレーダー】にヘッジファンドストラテジーを追加。

2015年7月

【FXTF MT4】1,000通貨コース 取扱い開始。

2015年7月

投資支援ツール「FXTF 未来チャート」スマートフォン取扱い開始。

2015年7月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【バイトレ】に1000円ペイアウト実装。

2015年6月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【バイトレ1000】サービスの取扱を終了。

2015年4月

店頭外国為替証拠金取引【らくらくFX】スマートフォン取扱開始。

2014年12月

店頭外国為替証拠金取引【らくらくFX】サービス開始。

2014年10月

【バイトレ1000】スマートフォン取扱開始。

2014年8月

ホームページ全面リニューアルを実施。
店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【バイトレ1000】サービスの取扱を開始。

2014年7月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【バイトレ】サービスに
タッチバイナリーオプション取引を追加。
FX自動売買【FXTF ミラートレーダー】スマートフォン取り扱いを開始。

2014年2月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【バイトレ】サービスにレンジバイナリーオプション取引を追加。

2014年1月

FX自動売買【オートFX】サービスの名称を「FXTF ミラートレーダー」に変更。

2013年12月

【バイトレ】スマートフォン取扱を開始。

2013年11月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【バイトレ】サービスの取扱を開始。
店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【HIGH・LOW】【HIGH・LOW MAJOR】サービスの取扱を終了。
FXTF HOLDINGS Pte. Ltd(シンガポール)が FXTrade Pte. Ltd. (シンガポール)の保有する当社株式 550 万株を取得。

2013年10月

バイナリーオプション専用サイト 開設。
バイナリーオプションの日 登録。

2013年9月

投資助言・代理業 登録。

2013年7月

フォレックス・マグネイト東京サミット2013において「ベスト・バイナリーオプションブローカー」受賞。

2013年3月

投資支援ツール「FXTF 未来チャート」取扱い開始。

2013年2月

チャートパターン自動検出ツール「オートチャーティスト」取扱開始。

2012年12月

本店を港区三田に移転。

2012年5月

イメージキャラクター、小倉優子さん出演のTVCM開始

2012年3月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【HIGH・LOW MAJOR】サービスの取扱を開始。

2012年1月

【HIGH・LOW】スマートフォン取扱開始。

2011年12月

FXトレード・ホールディングス株式会社が保有する全株をFXTrade PTE(「FXTP」と略称)に譲渡。FXTP が経営権取得し当社を完全子会社化。

2011年9月

【FXTF MT4】 ユーザ専用の無料EA(Expert Advisor) 【MT4i】 をリリース。

2011年8月

店頭外国為替証拠金取引【FXTF MT4】サービスの取扱を開始。

2011年6月

法人向け外国為替取引サービスを開始。

2011年5月

FXTFアフィリエイト・プログラム開始。

2011年5月

システムリスク管理態勢に係る外部検証を実施。(東京国際コンサルティング株式会社)

2011年4月

イメージキャラクターに小倉優子さんを起用。

2010年9月

FX自動売買【オートFX】サービスの取扱を開始。

2010年8月

店頭外国為替オプション取引バイナリーオプション【HIGH・LOW】サービスの取扱を開始。

2010年8月

親会社FXトレード・ホールディングスが合同会社から株式会社に形態変更。

2010年7月

株式会社マットキャピタルマネージメントとの共同開発により売買支援サービス「マットFXTF方程式」をリリース。

2010年1月

改正内閣府令に対応した顧客区分管理信託方式に移行するため信託保全先を日興シティ信託銀行からDB信託株式会社に変更。

2009年3月

財務の健全化を目的に累損一掃のための減資2億円(減資後資本金2億5000万円)を実施、同時にFXトレード・ホールディングス合同会社を割当先とする第三者割当増資1億円実施(増資後資本金3億5000万円)。

2008年10月

FXT LLCを割当先とする第三者割当増資2億円実施
(増資後資本金4億5000万円)。
24時間取引可能な「FXトレード」サービス、即時入金サービス、当日出金サービスを開始、同時に日興シティ信託銀行での全額信託保全を開始するなど、ビジネスモデルを全面リニューアル。

2008年9月

FXTrade PTEが保有する全株をFXT LLCに譲渡、FXT LLCが当社を完全子会社化。

2008年8月

社名を株式会社FXトレード・フィナンシャルへ変更、本店を港区芝へ移転。
代表取締役社長に鶴泰治就任。

2008年7月

FX FOR HOLDINGS LIMITEDが保有する全株をFXトレード・ホールディングス合同会社(旧合同会社ティー・アンド・オー。「FXT LLC」と略称。)が取得。さらに第三者割当増資8150万円(増資後資本金2億5000万円)を引受け、FXT LLCが経営権を取得。

2008年5月

FXTrade PTEを割当先とする第三者割当増資2500万円実施。(増資後資本金1億6850万円)

2007年10月

サクソ銀行のホワイトラベル業者として相対業務へ移行。

2007年9月

第一種金融商品取引業者登録(関東財務局長(金商)第 258号)

2007年4月

営業開始(GFT社のIBとして媒介業務)。

2007年3月

金融先物取引業登録(関東財務局長(金先)第174号)

2006年11月

本店を港区六本木に移転。

2006年6月

エフエックスフォー・ジャパン株式会社設立(東京都港区虎ノ門)。

━無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項
無登録の海外所在業者がデリバティブ取引の勧誘を行っている場合がありますのでご注意ください。

必ずお読みください>>無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項

━自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項
無登録で会員制の自動売買ソフトの販売・レンタル行為をする場合、金融商品取引法上の懲役・罰金が適用される場合があります。

必ずお読みください>>自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

必ずお読みください>>スプレッド広告に関する注意事項
━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。