実績開示

客様サポート

【受付時間】夜間もご対応
冬時間:月曜日AM8:00~土曜日AM7:00
夏時間:月曜日AM8:00~土曜日AM6:00
(土日・年末年始を除く)

携帯電話・PHSからも利用可

LINEアプリからも利用可

ロスカット・証拠金率判定

ホーム/MT4/取引概要 /ロスカット・証拠金率判定

ロスカットとは

ロスカットとは、損失が発生し口座残高が維持証拠金を下回った際に、お客様の損失の更なる拡大を未然に防ぐために強制的に決済を行うルールのことです。
証拠金維持率は保有ポジションのティック更新の度、計算しております。

ロスカット基準

証拠金率判定時刻
※1
証拠金維持率が100%以下となった場合
証拠金維持率が100%を上回るまで、
損失の大きいポジションから順に強制決済されます。
証拠金率判定時刻
以外の取引時間帯
証拠金維持率が50%以下となった場合
証拠金維持率が50%を上回るまで、
損失の大きいポジションから順に強制決済されます。

※1  当社は、15時30分から15時45分までの間のうち、およそ1分の間、証拠金維持率の計算期間(証拠金率判定時刻)として設定しております。

証拠金維持率がロスカット基準を下回ってからロスカットが行われるまで、数分程度の時間差が生じる場合がございます。

ロスカットはお客様の損失拡大を防ぐための措置ですが、相場の急激な変動やロスカットまでの時間差等によりお預かりした資産以上の損失が発生する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

証拠金維持率の確認方法

FXTF MT4>ターミナル画面(PC版)

証拠金維持率はターミナル画面で確認できます。
通常時(15:30~15:45以外)は証拠金維持率が50%以下となった場合、15:30~15:45は証拠金維持率が100%以下となった場合にロスカットとなります。
必要証拠金は毎営業日の15:30~15:45の間のいずれかの時点のレートで再計算(値洗い)されます。

━無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項
無登録の海外所在業者がデリバティブ取引の勧誘を行っている場合がありますのでご注意ください。

必ずお読みください>>無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項

━自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項
無登録で会員制の自動売買ソフトの販売・レンタル行為をする場合、金融商品取引法上の懲役・罰金が適用される場合があります。

必ずお読みください>>自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

必ずお読みください>>スプレッド広告に関する注意事項
━リスク警告
詳細はこちら

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。