客様サポート

携帯電話・PHSからも利用可
【受付時間】平日8:00~20:00
土日・年末年始を除く

LINEアプリからも利用可
[チャット受付時間]
平日8:00~17:00
(土日・年末年始を除く)

レバレッジ

ホーム/MT4/取引概要 /レバレッジ

レバレッジとは

レバレッジは最大25倍です。
※TRY/JPY、ZAR/JPY、MXN/JPYのみレバレッジは12.5倍です。

レバレッジとは「てこの原理」のことを言い、外国為替証拠金取引(FX取引)においては、お客様がお取引に利用した資金(証拠金)の何倍のお取引を行っているかを表すものです。FX取引はレバレッジにより、最大で資金の約25倍の取引が可能です。つまり、4万円の資金で、100万円相当のポジションを保有できることになります。

取引証拠金について

取引証拠金とは、取引を行うために必要な資金のことです。取引証拠金は、購入する通貨ペアの購入時点の価格(レート)により異なります。

取引したいポジション総額(想定元本)の4%=レバレッジ25倍(TRY/JPY、ZAR/JPY、MXN/JPYのみ8%=レバレッジ12.5倍)を上回る証拠金が必要です。預託している証拠金が必要額に満たない場合は取引ができません。

ポジションを保有するために必要な取引証拠金はFXTF MT4上にて確認が可能です。

必要証拠金の計算

必要証拠金とは、ポジションの新規建玉時に実際に利用した証拠金の総額です。

USD/JPYの場合、1ドル=100円の時に、 10,000ドルの取引に必要な証拠金は「40,000円」となります。

100円 × 10,000通貨 = 1,000,000円(想定元本)

レバレッジ
25

FXでは個人のお客様の場合、想定元本の1/25(4%)以上の預託が義務付けられています。

1,000,000円(想定元本)× 4% = 40,000円(必要証拠金)

(1,000,000円 ÷ 25 = 40,000円)

※FXTF MT4の標準コースでは0.01ロット=1,000通貨からの取引が可能です。

01.

日本円を含む通貨ペア(対円)の場合
買いの場合は買いの現在レート(買値)、売りの場合は売りの現在レート(売値)で算出されます。

≪必要証拠金の計算式≫

[買いポジションを保有する場合] 必要証拠金 = 買いの現在レート × 通貨量 × 4%
[売りポジションを保有する場合] 必要証拠金 = 売りの現在レート × 通貨量 × 4%

    例1

・通貨ペア:USD/JPY
・取引数量:10,000通貨
・売買の別:買い
・USD/JPYのレート:100.000円(売値)/ 100.001円(買値)

100.001円(買値)× 10,000 (通貨)= 1,000,010円(想定元本)
1,000,010円 × 4% = 40,000円

必要証拠金は40,000となります。

[補足]
実際に新規でポジションを保有する瞬間には、スプレッドの差分だけマイナスの評価損となります。

USD/JPYのスプレッドが0.1銭(=0.001円)の場合、スプレッドの評価損は10,000通貨単位あたり10円です。

0.001円 × 10,000(通貨)= 10円(スプレッド差分の評価損)

02.

日本円を含まない通貨ペア(対円以外)の場合
日本円を含まない通貨ペアの場合、売買の別を問わず取引通貨(左側通貨)の対円レート(買いと売りの平均)で日本円換算して算出されます。

≪必要証拠金の計算式≫

必要証拠金 = 取引通貨(左側通貨)の対円レート × 通貨量 × 4%

    例2

・通貨ペア:EUR/USD
・取引数量:10,000通貨
・売買の別:買い
・EUR/JPYのレート:120.000円(売値)/ 120.004円(買値)

EUR/USDの取引なので、EUR/JPYの売値と買値の平均で必要証拠金を算出します。

120.002円(EUR/JPYの売値と買値の平均)× 10,000(通貨)= 1,200,020円(想定元本)
1,200,020円(想定元本)× 4% = 48,001円

必要証拠金は48,001となります。

[補足]
①の例1と同様に実際に新規でポジションを保有する瞬間には、スプレッドの差分だけマイナスの評価損となります。

EUR/USDのスプレッドが0.2pips(= 0.00002ドル)の場合、評価損は10,000通貨あたり0.2ドルになります。

0.00002ドル × 10,000(通貨) = 0.2ドル(スプレッド差分の評価損)

円換算

円換算はUSD/JPYのレートで、買いの場合は売りの現在レート(売値)、売りの場合は買いの現在レート(買値)で算出されます。

例)
・USD/JPYのレート:100.000円(売値)/ 100.001円(買値)

0.2ドル × 100.000円(USD/JPYの売値)= 20円(円換算したスプレッド差分の評価損)

保有ポジションの維持に必要な証拠金について

保有ポジションの必要証拠金を計算する際、必要証拠金はポジションオープン時の証拠金に固定され、証拠金率判定時刻に値洗いされます。そのため 証拠金率判定時刻 まではレートが動いても必要証拠金は変わりません。

証拠金率判定時刻までポジション維持に必要な証拠金は固定です。
値洗いは評価レートで行われます。

    例

・通貨ペア:USD/JPY
・取引数量:10,000通貨
・購入価格:100.000円
・購入時必要証拠金:100.000円 × 10,000通貨 × 4% = 40,000円

101.000円に上昇した場合の必要証拠金

証拠金率判定時刻までは40,000円のまま変わりません。
証拠金率判定時刻に値洗いされて40,400円となり、翌営業日の証拠金率判定時刻までは変わりません。

両建て取引に必要な証拠金の計算方法

両建て取引は、同通貨ペアで売りと買いのポジションを同時に保有している状態です。

FXTF MT4では両建ての売りポジションと買いポジションのうち、取引数量の多いポジションの証拠金のみで、両方のポジションを保有できます。

取引システム FXTF MT4
計算方法 両建ての売りポジションと買いポジションのうち
取引数量の多いポジションの証拠金のみ必要(MAX方式)

両建て取引には、スワップポイントにより逆ざやが生じるおそれがあり、中央値を基準とするBID(お客様の売値)及びASK(お客様の買値)のスプレッド(価格差)について二重に負担する等、経済合理性を欠くおそれがある取引である為、お勧めしておりません。最終的な管理・判断はお客様自身で行って頂きますようお願いいたします。

両建てMAX方式について、売りポジションと買いポジションを同一ロット数保有する場合は、証拠金の金額がより大きい方で計算されます。(ロット数で比較するのではなく、売りの保有ポジション維持に必要な証拠金と、買いの保有ポジション維持に必要な証拠金の金額を比較し、より大きい方の金額で計算するためです。また、証拠金の値洗いのタイミングによって、同じ売りポジションでも必要な証拠金は異なる場合があります。)

━無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項
無登録の海外所在業者がデリバティブ取引の勧誘を行っている場合がありますのでご注意ください。

必ずお読みください>>無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項

━自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項
無登録で会員制の自動売買ソフトの販売・レンタル行為をする場合、金融商品取引法上の懲役・罰金が適用される場合があります。

必ずお読みください>>自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

必ずお読みください>>スプレッド広告に関する注意事項
━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。