口座開設
マイページログイン
  1. 取引システムを開かずにデータフォルダにアクセスする方法

よくあるご質問

FX取引に関するよくあるご質問を掲載しています。

Q.

取引システムを開かずにデータフォルダにアクセスする方法

A.

FXTF MT4の取引システム内の「ファイル」>「データフォルダを開く」から開かれるフォルダは、隠しフォルダとなっており、FXTF MT4の保存先とは別の場所に格納されたフォルダになります。
FXTF MT4の取引システムを開かずに、データフォルダにアクセスいただくには、まずご利用のPCの隠しフォルダを表示する設定を行っていただく必要がございます。

隠しフォルダが見れる状態にしていただくことでデータフォルダの格納先にアクセスいただけます。

【隠しファイルや隠しフォルダを表示する方法】

■Windows 10

  1. タスク バーの検索ボックスに「フォルダー」と入力し、検索結果から [全てのファイルとフォルダーを表示] を選択します。
  2. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する][OK] の順に選択します。

■Windows 8.1

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] を選択します (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントしてマウス ポインターを下へ移動し、[検索] を選択します)。
  2. 検索ボックスに「フォルダー」と入力し、検索結果から [フォルダー オプション] を選択します。
  3. [表示] タブを選択します。
  4. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する][OK] の順に選択します。

■Windows 8

  1. キーボードの[Windows]キーを押しながら「X」キー を押します。
  2. 画面の左下にメニューが現れますので「コントロールパネル」を選択します。(マウス操作では、ディスプレイのアイコンがない場所で右クリックし、「全てのアプリ」をクリックし「コントロールパネル」をクリックします。)
  3. [デスクトップカスタマイズ][フォルダーオプション]の順に選択します。
  4. [表示]タブを選択します。
  5. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する][OK]の順に選択します。

■Windows 7

  1. [スタート] ボタンを選択し、[コントロール パネル][デスクトップのカスタマイズ] の順に選択します。
  2. [フォルダー オプション][表示] タブの順に選択します。
  3. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する][OK]
    の順に選択します。

隠しフォルダの表示方法(PDF:320KB)



【データフォルダの格納先】

C:\Users\User Name\AppData\Roming\MetaQuotes\Terminal
※User Nameの箇所はお客様の PC ログイン時のユーザー名になります。

フォルダ名はそれぞれ異なっておりますので、上記格納先にあります更新時間が最新のフォルダから開いて探してください。
※お使いの PC 環境によっては、画面表示やフォルダ構成等が上記説明と異なる場合があります。

データフォルダの格納先(PDF:105KB)