口座開設
マイページログイン
  1. MT4 Build更新についてのお知らせ(Build625)

お知らせ

FXTFからお客様へのお知らせや、お願い、ご注意事項などをご案内します。

MT4 Build更新についてのお知らせ(Build625)

2014/03/28

平素より(株)FXトレード・フィナンシャルをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、システム開発元であるMeta Quotes社よりFXTF MT4のアップデートが実施されたことをお知らせいたします。
今現在、弊社のホームページから新たにFXTF MT4をインストールされた場合は、Version:4.00 Build 625となります。なお、ご利用中のFXTF MT4は、アップデートをされなくてもそのままご利用いただけます。

【ビルド番号の確認方法】
「ヘルプ(H)」→「バージョン情報(A)」、あるいは「ヘルプ(H)」→「About」にて、build番号を見ることで現在ご利用のバージョンを確認いただけます。
Version:4.00 Build 625と表示されましたら、最新の状態です。

【最新のバージョンに更新されたい場合】
※Version:4.00 Build 509と表示される場合、アップデートすることなくそのままご利用頂くことをお勧めしますが、最新バージョンに更新されたい場合は以下手順を行ってください。

1)アップデートが行われない場合は、FXTF MT4を以下よりダウンロードし、現在のFXTF MT4
の保存先に上書きでインストールを行ってください。
/mt4/system/mt4

2)上書きインストールを行いました後に、MT4が正しく起動しない等の現象が生じた場合は、アップデートがうまく行われなかった可能性がございます。お手数ですが、現在ご利用いただいておりますFXTF MT4をアンインストールしていただき、再インストールを行ってください。アンインストールを行いますと、これまでのフォルダは作成されませんので、必要なファイルはアンインストール前に必ずバックアップを取ってください。
※インストール時の注意点
インストールいただく際、FXTF MT4の保存先をCドライブの直下「C:\FXTF MT4」に設定してください。

詳しいインストール方法はこちら

【今回のアップデートによる主な変更点】
1)フォルダ構成の変更
2)セキュリティ機能等の強化
3)マーケットでの購入

1)フォルダ構成の変更に伴い、Expert Advisors(EA)やカスタムインジケーター等の保存場所が変更されました。外部のEAやインジケーター等を保存される場合は、新しく作成された「MQL4」フォルダ内の所定のフォルダに保存してください。

※MQLフォルダは、直接FXTF MT4の取引システム内より表示してください。
■EAの保存場所:
MT4を起動→メニューバー「ファイル(F)」→「データフォルダを開く(D)」→「MQL4」→「Experts」
■インジケーターの保存場所:
MT4を起動→メニューバー「ファイル(F)」→「データフォルダを開く(D)」→「MQL4」→「Indicators」

データフォルダ内の保存先は隠しフォルダとなっており、FXTF MT4の保存先とは別のフォルダとなります。FXTF MT4の取引システムを開かずに、データフォルダにアクセスいただくには、隠しフォルダを表示する設定を行っていただく必要がございます。

隠しフォルダの表示方法はこちら

隠しフォルダを表示化していただいた後に、以下のフォルダ場所からご確認いただけます。

C:\Users\User Name\AppData\Roming\MetaQuotes\Terminal
※User Nameの箇所はお客様のPCログイン時のユーザー名になります。

上記格納先の中にMT4の隠しフォルダがあります。フォルダ名はそれぞれ異なっておりますので、更新時間が最新のフォルダからご確認ください。

※お使いのPC環境によっては、画面表示やフォルダ構成等が上記説明と異なる場合があります。

2)セキュリティ等の機能の強化に伴い、今まで以上にプログラムを正しく記述する必要がある仕組みとなっているため、以前のバージョンでご利用いただいていたEAやカスタムインジケーターが正常に稼働しなくなる場合がございます。
アップデート後のEAやカスタムインジケーター等の動作確認については、プログラムの入手元にお問い合わせ頂きますようお願いいたします。
ご自作のEAやカスタムインジケーターについて、新バージョンのMetaEditorにおいて、コンパイルレベルの変更があったため、従来コンパイルできたプログラムが不正記述としてエラーとなることがございます。その場合は、エラー内容に従ってプログラムを修正するようにお願い致します。

3)ターミナルに「マーケット」が追加され、アプリケーション、マガジン等を購入いただける機能が追加されましたが、こちらの機能につきましては弊社ではサポートできかねますので、ご利用の際は、お客様の責任のもとでご利用くださいますようお願いいたします。

一覧ページへ戻る