客様サポート

携帯電話・PHSからも利用可
【受付時間】平日8:00~20:00
土日・年末年始を除く

LINEアプリからも利用可
[チャット受付時間]
平日8:00~17:00
(土日・年末年始を除く)

FXの注文種類

成行注文、指値注文、逆指値注文など注文種類を説明します。

ホーム/FX/FX 初心者講座/FXの注文種類

成行注文(なりゆきちゅうもん)

成行注文とは、注文価格を指定せず、通貨ペアの別、取引の数量、売買の別のみを指定する注文方法をいいます。価格よりも約定を優先させる注文方法で、お客様は、売買するレートを指定しないため、すぐに注文を出すことができます。
一方、成行注文では、為替レートがリアルタイムで変動しているので、約定したあとでなければ、いくらで約定したのか分からないというデメリットがあります。また、お客様が取引画面にて注文ボタンをクリックした時点におけるレート(注文価格)と実際に注文が成立したレート(約定価格)との間に価格差(スリッページ)が発生する場合があります。(お客様にとって有利となる場合もあれば、不利となる場合もあります。)また、特にレートの変動が激しい時には、スリッページが発生するリスクが高まります。
そのため、成行注文では、通常、発注の時に、お客様は許容するスリッページの幅(スリッページ許容幅)を設定でき、その場合は、注文価格と約定価格の差が設定した許容幅の範囲内であれば約定価格で注文が成立し、設定幅を上回った場合は注文は約定せず、キャンセルされます。

指値注文(さしねちゅうもん)

指値注文は、現在よりも有利なレートを指定して発注する注文方法です。
指定したレートに到達した時点で、自動的に注文が成立する注文方法で、必ず指定したレートで約定します。現在レートよりも安く買いたい、現在レートよりも高く売りたい場合に便利です。

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

逆指値注文は、現在よりも不利なレートを指定して発注する注文方法です。
指定したレートに到達した時点で、成行注文が発注される注文方法で、指定したレートと実際に注文が成立したレート(約定レート)が異なる場合があります。現在レートよりも高くなったら買い、現在レートよりも安くなったら売る場合に利用します。予想と反対の動きをした時の損失をあらかじめ限定したい場合や、既に利益がのっている時に、一定の利益を確定したい場合、トレンドに乗る場合等に有効です。

OCO注文(オーシーオーちゅうもん)

OCO 注文は、指値と逆指値をセットで発注し、①どちらかが成立(約定)すると②もう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。
「新規OCO 注文」、「新規成行注文+決済OCO 注文」、「新規指値または新規逆指値注文+ 決済OCO 注文」、「既に保有しているポジションに対する決済OCO 注文」があります。

IFD注文/IFDONE注文(アイエフディーちゅうもん/イフダンちゅうもん)

IFD 注文は、「新規指値または新規逆指値注文」と「決済指値または決済逆指値注文」をセットで発注し、①新規注文が成立(約定)したら②決済注文が自動的に発注される注文方法です。

IFO注文/IFDONEOCO注文(アイエフオーちゅうもん/イフダンオーシーオーちゅうもん)

IFO 注文は、「IFDONE 注文+OCO 注文」です。「新規指値または新規逆指値注文」と「決済指値注文」と「決済逆指値注文」を同時に発注できます。
①「新規指値または新規逆指値注文」が成立(約定)したら、
②「決済指値注文」と②「決済逆指値注文」が自動で発注され、
③決済指値と決済逆指値のどちらかが成立(約定)すると、
④もう一方の決済注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。

トレールストップ注文/トレイリングストップ注文

トレールストップ注文は、決済逆指値注文の値が相場の値動きに応じて、有利な方向に自動的に更新されていく注文方法です。トレール幅を設定すると、現在レートから、トレール幅分の乖離を保って決済逆指値注文の値が自動で更新されていきます。トレンドが出ているときに、利益を追求するには便利な注文方法です。1度更新された逆指値注文の値が不利な方向に戻ることはありません。

上記の例の場合、トレールストップ注文は、注文時のレート99 円から100pips上昇した100 円の時点で初めて99 円に逆指値(売)注文が自動で設定されます。その後100pips の値幅を維持し、為替レートの上昇と共に逆指値(売) 注文の値も切り上がっていきます。一度切り上がった逆指値(売)注文の値は下がることはありませんので、為替レートが102 円の時に更新された逆指値(売)注文の値101 円まで為替レートが下がったところでトレール注文による決済逆指値の売り注文が約定します。

上記の例の場合、トレールストップ注文は、注文時のレート102 円から100pips下降した101 円の時点で初めて102 円に逆指値(買)注文が自動で設定されます。
その後100pips の値幅を維持し、為替レートの下降と共に逆指値(買)注文の値も切り下がっていきます。一度切り下がった逆指値(買)注文の値は上がることはありませんので、為替レートが99 円の時に更新された逆指値(買)注文の値100 円まで為替レートが上がったところでトレール注文による決済逆指値の買い注文が約定します。

FXTF MT4 のトレイリング・ストップ注文は、利益方向に設定したトレイリング・ストップ幅分動かない限り決済逆指値注文は発注されないため、いきなり損失方向に動いた場合、損失確定は行われません。損失確定も設定されたい場合は、決済逆指値注文を別に発注しておく必要があります。また、PCを閉じている場合やスリープモードの状態ではトレイリング・ストップは発動しませんのでご注意下さい。

━無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項
無登録の海外所在業者がデリバティブ取引の勧誘を行っている場合がありますのでご注意ください。

必ずお読みください>>無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意事項

━自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項
無登録で会員制の自動売買ソフトの販売・レンタル行為をする場合、金融商品取引法上の懲役・罰金が適用される場合があります。

必ずお読みください>>自動売買ソフトの販売・レンタル業者についての注意事項

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

必ずお読みください>>スプレッド広告に関する注意事項
━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

━リスク警告
詳細はこちら

外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。 したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。 外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。 外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、 取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。 相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、 意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、 注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。