はい、相殺いただけます。
法人の場合、外国為替証拠金取引の損益とそれ以外の損益との合計額に対して法人税の課税を行います。