スワップポイントは、お客様が翌日にポジションを持ち越すときに発生します。
翌日とは、日本時間ではなく、米国市場での翌日となるため、NYクローズ時間(日本時間午前7時、サマータイムは午前6時)をまたいで保有したポジションに対して発生し、お客様のお取引口座に反映されます。NYクローズ時間をまたがずに、決済した場合はスワップポイントは発生しません。土曜日、日曜日は外国為替のマーケットは休場となります。そのため、土日分のスワップポイントは先渡しとなり、木曜に3日分付与されます。当社では、祝日・祭日に関わらず各曜日につき下記の日数分のスワップポイントが付与されます。前日のNY時間17:00(日本時間午前7時、夏時間帯は午前6時)をまたいで保有されていたポジションに対して受け渡しを行います。 各曜日につき、祝日・祭日の発生や保有通貨ペアにかかわらず下記の日数分の受け渡しを行います。(お客様が実際にポジションを保有されていた日数とは異なります。)



スワップポイントは支払う場合もあります。
基本的には、低金利通貨を買って、高金利通貨を売った場合は金利差分を支払わなくてはなりません。また、スワップポイントは固定ではなく、各国の金利情勢やマーケットの状況等により日々変動します。受け取りから支払いに転じることもあります。

■スワップポイント付与の仕組み

スワップポイントの付与日数は、受渡日(原則2営業日後)が何日分繰り越されたかで決定します。月曜から火曜へポジションを持ち越した場合、受渡日が水曜から木曜へ1日繰り延べられるため、火曜の朝に1日分のスワップポイントが反映されます。

■スワップポイント3倍デー

水曜から木曜へポジションを持ち越した場合、受渡日が金曜から月曜へ3日繰り延べられるため、木曜の朝に3日分のスワップポイントが反映されます。



受渡日って?
FX取引では、約定の2営業日後に現物の受け渡しを行うルールがあります。新規でポジションを保有したり、決済したタイミングでは「2営業日後に現物を受け渡す約束」だけして、実際取引したタイミングで現物のやり取りは行いません。当日中にポジションを決済した場合、差額の損益のやりとりのみ行います。当日とは、米国市場の取引終了時刻(NYクローズ)までの間です。(日本時間午前7時、サマータイムは日本時間午前6時)