MT4は基本的に動作が早く、軽いソフトウェアと言われていますが、外部のインディケータなどの中には動作の重いものもあり、そして、複数のインディケータを同時に使用すると、MT4の動作が重くなるといったことがございます。ご利用のパソコンのスペックに依存しますが、動作が重い場合は以下の方法をお試しください。

【MT4の動作を軽くする方法】

1.チャートの最大バー数を下げる
チャートに表示できるバーの最大数が多いと、その分パソコンのメモリやハードディスクの容量を使用することになりますので、必要最小限のバー数に設定をします。
MT4メニューの「ツール」→「オプション」→「チャート」タブの「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」の値を5000に下げ、「OK」で設定完了になります。
※使用している外部ツールの中には、長期のバーを読みこむタイプのツールがある場合もございます。その場合は、取得元にお問い合わせください。


2.ニュースを受信しない設定に変更する
ターミナルウィンドウの「ニュース」に受信している容量が多く、動作が重くなる原因も考えられます。 インストール時の初期設定では、常時受信する「有効」の状態になっていますので、ニュース情報が必要でない場合は、MT4メニューの「ツール」→「オプション」→「サーバー」タブの「ニュースを有効にする」のチェックを外してください。「OK」で設定完了になります。


3.音声設定を無効にする
MT4には動作時に様々なアクションで音が鳴る機能があります。
インストール時の初期設定では、音が鳴る状態になっていますので、音が必要でない場合は、MT4メニューの「ツール」→「オプション」→「音声設定」タブの「有効にする」のチェックを外してください。「OK」で設定完了になります。


4.使用しないツールはチャートに表示しない
MT4の動作が重いといったお問い合わせの多くは、インディケータが原因となっていることを確認しています。
特にカスタムインディケータは、初期搭載のインディケータを組み合わせたり、ものによっては単体で表示しても既に重いインディケータもありますので、使用していないインディケータはチャートから外してください。
なお、定型チャートに保存しておくと、外したインディケータを再度利用したい時にすぐ適用することができるのでお勧めしています。

定型チャートについて


5.使用しないチャートは表示させない
チャート画面は、表示させているだけでレートが動くたびにレートデータをMT4内のhistoryフォルダに保存していくので、動作が重くなる原因になります。
そのため、不要なチャートは閉じて、必要なチャートのみ表示させるようにしてください。
また、いくつチャートを表示させているかは、チャート画面下の「チャートバー」で確認できます。
「チャートバー」が表示していない場合は、MT4メニューの「表示」→「チャートバー」から表示することが可能です。

▼関連ページ▼
更にMT4を限界まで軽くする5つの方法