ロット数を想定損失額で設定する場合、損切幅(S/L)をあらかじめ決めておく必要があります。その状態から、想定損失額を入力するとロット数の計算ができます。

Mini terminalの発注画面で、ロット数を入力するところにマウスを当て、「Ctrl」キーを押しながらクリックすると、ロットサイズの計算を行うことができますので、事前にお試しいただくことをお勧めします。

【参考】
▼想定損失額をもとにロット数を計算して設定する方法について▼
許容する損失金額の範囲でトレードできるロット数を計算したい

▼Mini terminal・Trade terminalのインストールについて▼
ダウンロード・インストール方法