財務戦略の観点から柔軟な資本政策の実現等を確保するため、減資2億5000万円(減資後資本金1億円)を実施。