iPhone/iPad用MT4アプリの画面ロック機能・自動ロック解除

iPhone/iPadのMT4アプリ(iOS版 MetaTrader 4)には、セキュリティ向上のための「画面ロック機能」(ロック解除用のPINコード設定可能)と、MT4アプリを長時間連続利用するための「自動ロックの解除機能」があります。

 

MT4アプリの画面ロック機能

iPhone/iPadのMT4アプリ(iOS版 MetaTrader 4)では、セキュリティ向上のための「画面のロック」機能を利用できます。

「画面のロック」は、MT4アプリへの利用にTouch IDやPINコード(パスワードのようなもの)を設定することで、万一お使いのiPhoneやiPadが他人の手に渡ってしまった場合にも第三者のMT4アプリへのアクセスを制限し、取引口座を安全に保つための機能です。

設定方法(iPhoneアプリ)

①右下「設定」をタップして、「詳細」をタップします。   ②「画面のロック」をオンにします。
 
     
③4桁の数値を入力し、PINコードを設定します。
※または、Touch IDを設定します。
  ④画面ロック設定が完了すると、次のような表示になります。
設定後は、一定時間が経過すると再度MT4アプリを利用するにはPINコードの入力(またはTouch IDの認証)が必要になります。
 


  【参考】開発元のメタクオーツ・ソフトウェア社(MetaQuotes Software Corp.)からの発表
iOS版MetaTrader 4のビルド947は、画面ロックのPINコードを設定できます(2016年5月6日)
(MQL5コミュニティ -> フォーラム)
※ビルド番号(build)は、MT4アプリの「設定」メニュー→「詳細」画面で確認いただけます。

 

iPhone自動ロックの解除

iPhone/iPadのMT4アプリ(iOS版 MetaTrader 4)では、「自動ロック」をオフにすることで、MT4アプリを使用中にはiPhoneの自動ロック設定によりロックされず、MT4を使用し続けることができるようになります。

自動ロックをオフにすることで、長時間MT4アプリを使用するときなど途中で何度もロック解除する手間を省略することができます。

設定方法(iPhoneアプリ)

①右下「設定」をタップして、「詳細」をタップします。   ②「自動ロック」をオフにします。
 


自動ロックがオンのときはiPhoneの自動ロック設定秒数経過後にiPhoneがロックされ、再度使用するにはロックの解除が必要ですが、自動ロックがオフのときは、MT4アプリの利用中は放置してiPhoneの自動ロック設定秒数が経過してもiPhoneはロックされず、そのまま使用し続けることができます。

お使いの機種やバージョンにもよりますが、iPhoneの設定画面から自動でロックされるまでの秒数の設定確認・変更が可能です。

 

OTP(ワンタイムパスワード)

iPhone/iPadのMT4アプリ(iOS版 MetaTrader 4)では、>OTP(ワンタイムパスワード)が設定メニューに表示されていますが、本機能はFXTF MT4ではサポートの対象外です。設定を行っても機能自体がFXTF MT4では無効です。

MT4アプリのOTP(ワンタイムパスワード)とは、スマホアプリで生成されるパスワード(ワンタイムパスワード)をログインごとに追加で入力を求められるセキュリティ強化機能です。
(FXTF MT4ではサポート対象外・機能無効)