MT4でチャネルライン・フィボナッチ・チャネルを引く方法

MT4では、チャートにチャネルラインを引いて相場のトレンドの把握や、利食い幅の予測などのチャート分析をすることができます。フィボナッチ数を使ってチャネルラインを引くフィボナッチ・チャネルなど、複数のツールを利用できます。

 

 

チャネル(Channel)とは

過去の安値や高値を結んで引かれる「トレンドライン」の反対側に平行に引いたラインを「チャネルライン」といい、2本の線の間の帯の部分を「チャネル」といいます。


チャネルラインは、ラインを引いてチャネルを認識することで、相場のトレンド(傾向)の把握や価格の予測、利益を狙うことのできる値幅の予想をするなどの目的で利用することができます。

チャネルラインの上側のラインはレジスタンスライン(抵抗線)、下側のラインはサポートライン(支持線)として機能する、と考えることができます。

≪チャネルラインを引く前に設定すると便利な機能≫
下記設定を行うことで、ラインを引いた後に角度などを微調整できるので便利です。

「ツール」より「オプション」をクリックすると、オプションウインドウが表示されます。
「ライン等の設定」タブより「作成後に”選択”にする」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

平行チャネル(Equidistant Channel)

平行チャネルは、平行な2本のラインを引くツールです。

 

■平行チャネルを引く方法

①「挿入」より「チャネル」を選択して「平行チャネル」をクリックします。

ツールバーのアイコンから「平行チャネル」を引くこともできます。

②チャート上をクリックしてチャネルラインの起点を決めます。
③クリックしたままドラッグして、ラインの角度を決めます。
④2本目のライン(起点を決めたラインと平行に引かれたもう一本のライン)の点(○)をドラッグして、チャネルの幅を決めます。

 

線形回帰チャネル(Linear Regression Channel)

線形回帰チャネルは、平行チャネルと同じで平行な2本のラインを引くツールです。

線形回帰モデルをもとに、指定した期間の相場の価格帯の中央ラインを引き、そこから最高値・最安値への距離と平行に2本の平行ラインを外側に引いたのが線形回帰チャネルです。

単純に言うと、指定した期間の最高値と最安値を含んだチャネルラインを引くツールです。

チャネルラインの上側のラインはレジスタンスライン(抵抗線)、下側のラインはサポートライン(支持線)として機能する、と考えることができます。

 

■線形回帰チャネルを引く方法

 

①「挿入」より「チャネル」を選択して「線形回帰」をクリックします。

 

②チャート上をクリックしてチャネルラインの起点を決めます。
③クリックしたままドラッグし、チャネルラインを引く期間を決めます。

 

標準偏差チャネル(Standard Deviation Channel)

標準偏差チャネルは、線形回帰チャネルと似たチャネルラインツールで、線形回帰モデルをもとに指定した期間の相場の価格帯の中央ラインを引き、その外側に2本の平行ライン引きます。

線形回帰チャネルが、期間の終値で最高値・最安値との距離と平行に2本のラインを引くのに対して、標準偏差チャネルは標準偏差の一定倍だけ離れた位置にラインを引きます。

偏差=1(初期設定)のときは、中央のラインから±1σ(シグマ)離れた位置にラインが引かれます。

 

■標準偏差チャネルを引く方法

 

①「挿入」より「チャネル」を選択して「標準偏差」をクリックします。


②チャート上をクリックしてチャネルラインの起点を決めます。
③クリックしたままドラッグし、チャネルラインを引く期間を決めます。

 

フィボナッチ・チャネル(Fibonacci Channel)

フィボナッチ・チャネルは、チャネルラインを引くと、そのチャネルの幅をもとにチャネルの外側にフィボナッチ数(0.618、1、1.618、2.618)の分だけ離れた位置に平行ラインが引かれるツールです。

価格がチャネルをブレイク(突破)したとき、どこまで上昇・下降するのかの目安として利用することができます。

 

■フィボナッチ・チャネルを引く方法

①「挿入」より「チャネル」を選択して「フィボナッチ」をクリックします。

②チャート上をクリックしてチャネルラインの起点を決めます。
③クリックしたままドラッグして、ラインの角度を決めます。
④起点となるラインと平行に引かれた直近の2本目のラインの点(○)をドラッグしてチャネルの幅を決めます。
※チャネルの幅をもとに、フィボナッチ数の分離れた位置に複数のラインが引かれます。

 

ラインの移動・削除方法

 

■チャネルラインの角度を変更する方法

①変更したいラインをダブルクリックして選択します。
②「終点」をドラッグして線の角度を変更します。

※「始点」の側をドラッグして角度を変更することも可能です。
※ラインの角度は2本とも変更され、平行な角度を保ちます。

 

■角度を保ったままチャネルラインを移動する方法

①変更したいラインをダブルクリックして選択します。
②支点(3つある点の真ん中の○)をドラッグして、線の位置を変更します。
その際、チャネルラインの角度は保たれます。

 

■延長ラインの設定方法

①設定したいラインをダブルクリックして選択します。
②ライン上で右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

③「パラメーター」タブより「ラインを延長」にチェックが入っていれば延長ラインが引かれ、チェックが入っていなければ延長ラインは引かれません。
「OK」ボタンをクリックすると設定が完了します。

 

■チャネルラインを削除する方法

①削除したいラインをダブルクリックして選択します。
②「Delete」キーで削除できます。
※または、右クリックメニューの「削除」で削除して下さい。

 

■チャネルラインのカスタマイズ方法

・MT4初期設定の状態では表示されていないツールをツールバーに追加する方法
・ラインの色を変更する方法
・チャート上に表示しているライン等を一覧で表示して編集する方法
・チャート上のライン等をまとめて削除する方法

 

上記につきましては、こちらを参照して下さい。
MT4でトレンドラインや水平線・垂直線を引く方法