利益と損失の金額を決めてトレードしたい

MT4の当社オリジナルツール「FXTF – Mini terminal(ミニターミナル)」を使用すると、「得たい利益金額」と「許容する損失金額」を決めてトレードすることができます。

 

新規注文時に「損切注文」「利益確定注文」を発注する

ミニターミナルでは、利益と損失の金額から、「損切注文(S/L)」「利益確定注文(T/P)」が可能です。

例:USD/JPYチャートの上昇トレンドが続くと予想して買い注文を発注する場合

 

■利益額、損失額を決めてトレードする方法

(例)利益3,000円、損失3,000円

利益確定(T/P)の幅と、損切り(S/L)の幅を設定します。

≪利確幅・損切幅の設定方法≫
①ミニターミナルの電卓アイコンをクリックします。
※入力欄でCtrl+クリックでも同じですが、アイコンが便利です。

②ポップアップのウィンドウ上で、想定利益額(得たい利益金額)や、想定損失額(許容する損失金額)を入力します。
 取引ロット数に応じて、新規注文の約定価格から何pips離れたところに利益確定(T/P)・損切り(S/L)を設定するか、自動で計算して表示されます。

③「T/Pを設定」もしくは「S/Lを設定」ボタンをクリックすると、発注画面に利確幅(T/P)・損切幅(S/L)が反映されます。

 

■発注方法

ミニターミナルの「売り」もしくは「買い」ボタンをクリックして新規の成行注文を発注します。

(例)下記図は「買い」の場合

・注文の前に、「ロット数」と「利益確定(T/P)」・「損切り(S/L)」(または「トレイリング・ストップ(T/S)」)が正しく設定されていることを確認しましょう。
・ワンクリック注文の設定をすれば、注文の確認フォームは表示されず、「売り」もしくは「買い」ボタンクリックですぐに発注できます。

 

■注文マーカーで注文結果を確認する方法

注文が成功すると、チャート上に注文マーカーが表示され、注文の結果を確認できます。注文の約定レートから上下に300pips(3円)ずつ離れたところに利益確定(T/P)・損切り(S/L)が設定されたことがわかります。