鶴のヒトコエ

東京・ロンドン・ニューヨーク世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点。

鶴 泰治 株式会社FXトレード・フィナンシャル代表取締役社長

三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行後、本店資金為替部にてディーリングの世界に入り、1990年、為替グループドル円チーフディーラーを経てLA支店ディーリングルーム・チーフディーラー、NY支店ディーリングルーム・シニアマネージャー、ロンドン・ディーリングルームディレクターを歴任。20年以上一貫して外国為替を中心とした外貨ディーリング業務に従事。2008年より現職。

ドル相場予測

米経済堅調による緩やかなドル上昇継続。目先の焦点は3月FOMC声明文による米利上げの時期

 2月6日に発表された米1月雇用統計がターニングポイントとなり、「どの項目・観点からみても文句のつけようのない」強い数字を受けて市場は一気にドル買いが加速、3週間続いた116円後半~118円後半のレンジ相場の高値118.87円を上抜けて120円台までドルは買い上げられました。米10年債利回りも1.8%割れから2%の大台を回復、米株も18,000ドル台とドルへ資金流入が強まっています。市場の焦点は米国の利上げの時期、かつその利上げの回数や幅に移行してきています。一方で「ギリシャ債務問題」や「ウクライナ情勢」は不透明感がぬぐえないまま、国際的な枠組を見守る、ドル買い・ドル売りの展開が今後も引き続き展開されることが想定されます。

目先の焦点は3月の米FOMC(17、18日)声明文で現状フォワードガイダンスの「ゼロ金利が長引くとの判断に傾いている」上で形容詞である「patient(辛抱強く)」との文言が変更もしくは削除されるかどうかでしょう。変更もしくは削除されれば利上げ時期の範囲を過度に狭めてしまう恐れがあり、6月FOMCでの利上げ開始がほぼ確実となるでしょう。

 3月FOMCまではドルの底値が上方修正された緩やかなドル上昇のレンジ相場が続くものと想定します。ドルの上値が110円を上抜けして12月に示現した直近高値の121.85円を抜けられるか注目したいです。一方、下値は115円台で2度止められ直近ターニングポイントとなった、2月雇用統計時に示現した117円前半はサポートとなる可能性が高いです。ドルの押し目では一貫、継続してドル買い方向で動き続けている本邦公的資金(年金マネー、ドルの買いきり玉)が随時でてくることが今後も確実視されています。また、1月のレンジ相場、いわゆるドルの下値を探る相場で巨額のグローバル投機筋の円ショート(円売りポジション)が巻き戻されポジションが軽くなった分、ドル買い再構築の機会を現在伺っている状況。最近のドル円のボラティリティ上昇による偶発的なロスカットの連鎖により、118円台を割れ117円台の展開となれば絶好のドルの買い場となるでしょう。115円~116円台があるなら更なるドル買いの好機と考えたいです。

ユーロ相場予測

ユーロ下方トレンド継続、ユーロ戻り売り戦略

 「ギリシャ債務問題」はEUと改革案が合意し、2月末期限の金融支援は4ヶ月延長が確実となり、ギリシャが3月中にも資金不足に陥る可能性は回避できたものの、現段階では単なる問題先送りであり抜本解決とは言えないです。

 EUとIMF(国際通貨基金)は詳細な改革案の提示をギリシャから受け、4月末にも現在凍結している総額72億ユーロの支援資金を提供する予定。その間の資金繰りについても支援する見込みです。しかし、その後もギリシャは7~8月の大型の借金返済期限を控えており、ギリシャ政権内部でも緊縮財政に対する不満が勃発しているため、今後もEUとの交渉難航が継続する可能性が高く、両者の駆け引きからくる思惑で相場が振らされ、ユーロの上値が押えられる展開が続くでしょう。

 一方、「ウクライナ情勢」もどうにか収束を見せているものの、いつ小競り合いなどの戦禍が再開されるかわからず、不透明感は継続。マーケットの重しとなっていた原油価格も1月末で底入れの兆しが見られるものの地政学的リスク要因で相場が圧迫される可能性はまだまだ残っています。

 これらの状況から素直にユーロを買ってリスクを取っていける状況にはありません。ユーロの下げ余地はまだまだ十分あるものの、グローバル投機筋のユーロショート(売り)ポジションは円の売りポジションほど整理されておらずまだまだ巨額。思わぬユーロ反発も想定され、12月から1月に1ヶ月間で1.25から1.10台まで急落したユーロドル相場は2月に示現した戻り高値1.1534を目処とした1.14台後半は戻り売りの絶好のポイント。下値は心理的サポートラインである1.10を割れるかどうかが注目点。割れたら一時的に更なるユーロ安が加速する局面も想定されます。

マーケットはどう動く!?トレーダーの視点

君嶋 慶彦
株式会社FXトレード・フィナンシャルデリバティブ事業グループ シニアヴァイスプレジデント
2009年、株式会社FXトレード・フィナンシャル入社。現職にて、市場モニタリング、商品企画・市場調査に関する業務を担当。国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe(R))

ドル・円は引き続き横ばいの動き

 2月のドル・円相場は、米雇用統計の好結果を受けて120.48円まで上昇したものの、1月高値120.74円を超えることなく失速し、直近は118円半ば~119円半ばの狭い範囲での動きが続いています。12月、1月、2月と徐々に高値を切り下げてきていることは注目しておきたい点です。

 ドル・円の長期的な流れは、日米両国の金融政策の方向の違い(ドル=引締め方向、円=緩和方向)から、円安方向と考えておりますが、昨年11月以降の円安スピードが速すぎたこと、アメリカの利上げ開始時期が後ずれする可能があることから、しばらくの間は116円台~120円台での横ばいの動きになると考えています。ドル・円は上記レンジ上限では売り、下限では買いのスタンスで臨むのが良いと思われます。

 ユーロ・ドルに関しても、ドルは引締め方向、ユーロは緩和方向という金融政策の違いから、長期的な流れはユーロ安と考えています。1月のECB(欧州中央銀行)の量的緩和発表に先駆けて大きく下げていたこともあり、最近のユーロ・ドルは横ばいの動きが続いていますが、調整終了後は再び安値を更新していく動きになるのではないでしょうか。現在、ユーロ・ドルを売りから入った場合はスワップポイントを受け取れることから、高レバレッジでのポジション保有は控え、スワップポイントを受け取りながらユーロ安が進むのをじっくり待つのが良いと思います。

バックナンバー

鶴のヒトコエの過去の記事を確認できます。

【ご注意】
  • 本ページは、投資判断にあたり参考となる情報の提供を目的としており、金融商品の売買を勧めるものではありません。投資の最終的な判断はお客様ご自身の責任でされるようお願いいたします。
  • 当社が信頼できると判断した情報を紹介しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当サイトに基づいて被ったいかなるトラブルや損失・損害等についても、弊社及び情報提供元は一切責任を負うものではありません。