鶴のヒトコエ

東京・ロンドン・ニューヨーク世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点。

鶴 泰治 株式会社FXトレード・フィナンシャル代表取締役社長

三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行後、本店資金為替部にてディーリングの世界に入り、1990年、為替グループドル円チーフディーラーを経てLA支店ディーリングルーム・チーフディーラー、NY支店ディーリングルーム・シニアマネージャー、ロンドン・ディーリングルームディレクターを歴任。20年以上一貫して外国為替を中心とした外貨ディーリング業務に従事。2008年より現職。

ドル円相場予測

108.00~111.50円をコアレンジとして110~115円レンジへ上方シフトする過程の値固め局面継続。上値トライの可能性が高い局面。
’バイオンディップ(ドルの押し目買い)’の戦略を推奨

6月のドル円相場は、4月に反転したドル高(ドル買い円売り)相場のトレンドが継続する中、110円を挟んで一進一退の神経質な狭いレンジ相場に終始しました。

月初109円台でスタートしたドル円相場は、8日109.20(月間安値)までドルが売られる局面はあったものの、12日の米朝首脳会談開催による地政学的リスクの後退、13日、米FOMCでの0.25%の利上げと併せて金利見通しで年内の利上げ見通しが前回の3回から4回に増加したこと、14日ECB定例理事会で19年末まで政策金利を据え置くと表明したこと(ユーロの金融緩和継続→ユーロ売りドル買い)がドル買いに繋がり、ドル円は110.90(月間高値)までドルは買われました。その後はトランプ大統領の中国やEUへの追加関税報道による米保護主義政策への懸念から、相場はリスクオフとなりドルは軟調地合いへ、110円を挟んだ神経質な狭いレンジ相場が続くなか月末を迎えました。

今後のドル円相場は、108.00~111.50をコアレンジとし、夏場以降の110.00~115.00レンジに上方シフトするまでの、引き続き値固め局面と予想します。ドル上昇トレンドは継続し、値固めの狭いレンジ相場に膠着しそうです。コアレンジを抜けるとすれば上値トライの可能性が高いです。

1、(米国金融政策):日米の金融政策の方向性の違い(米国:利上げ、日本:0金利政策継続)からファンダメンタルズ的にはドル堅調地合いが続きます。中期的には日米金利差拡大からドル堅調地合いであるものの、ここのところ米経済指標の予想下振れが目立ち、米株価下落による円高リスクが台頭しています。ドルの上値を重くする要因となっています。

2、(グローバルポジションの傾き):グローバル投機筋の直近ポジション(シカゴIMM、6月19日付け)は、以前としてドル円はほぼスクエアです(ポジションの傾きはなし)。さらに注目されてきたユーロの買い持ちもピーク時の1/7まで解消、その他主要通貨もポジションの傾きは小さく、グローバルにポジションがほぼない状況となっています。相場変動によるロスカット発動等の一方通行的な動きは望めない状況です。

3、(米貿易摩擦):米国による対中関税約500億ドルのうち、約340億ドル部分を7月6日に発動、残りの約160億ドル分を後日公表する予定であり、中国だけでなくその他諸国においても対米報復関税が決定されつつあることから、引き続き貿易摩擦懸念がドル円の上値を抑える要因となるでしょう。また、7月に日米通商協議が予定されるなか、米大統領が日本に対して警告する可能性もあり(ドル売り円買い)、当面は貿易関連報道を注視しながらの神経質な展開が続くと予想します。通商問題の懸念が足元で現実味を帯びてきており、仮にそうなれば米金融政策の動き方(利上げがパスされる)が変わってくるかもしれないという懸念が米債券市場で大きくなり始めています。その影響で米長期金利は低下傾向にあります(6月13日利上げ時3.01%→直近2.82%まで低下)。今後株式下落が続くようであれば、更なる長期金利低下(為替市場ではドル売り円買い)も考えられるため、金利低下リスクにも警戒が必要です。ただ、今年は11月に米中間選挙を控え、トランプ大統領としては今後夏場にかけ米株価下落だけは避けたい強い意向があります。よって、通商問題の懸念が今後も株価下落に繋がるようであれば、随時貿易摩擦緩和報道が表明されることが予想されます。ドルが大きく下落し、ドル高円安トレンドが終了することは想定しづらいです。

以上から年初来予想してきた中長期的(年内)には米景気堅調、日米金利差拡大からドル高円安トレンドに回帰し110~115円レンジの円安を目指す展開に変更はないものの、しばらくは110円を挟んだレンジ内での膠着相場になる可能性が高いです。当面はまだ105~110円レンジから110~115円レンジに上方シフトするまでの過渡期が続きそうです。引き続き押し目買いでドルを着実に買って110円以上で一部ドルの戻り売りを繰り返す回転売買が効果的と推奨します。108.00~111.50のレンジを抜けるとすれば、貿易摩擦懸念後退、株価堅調、米長期金利上昇によるドル買いにより上値トライの可能性が高いです。

目先、上値の目処は6月15日高値の110.90円となるほか5月21日高値の111.40円です。下値の目途は6月8日安値の109.20円となり、ここを下抜けると5月29日を起点とした反発トレンドを否定する形となるため、下値余地が広がるでしょう。その場合、5月29日安値108.11円が当面のサポートとして意識されますが、108円を下割れすることは考えづらいです。

ユーロ相場予測

ユーロ・ドルは1.1500~1.2000ドルの下方レンジ入り。
ユーロの上値が重たく節目の1.1500ドル割れをトライする可能性大。
ポンドもBrexit懸念から軟調地合い継続

6月のユーロ・ドル相場はECB理事会での金融政策がハト派となり、ユーロは引き続き軟調地合いの展開が継続、一時5月29日に示現した昨年7月以来の安値1.1511を更新して1.1508まで下落しました。
当面、ユーロ・ドルは1.1500~1.2000ドルのレンジ内に入りユーロの頭が重たい展開が続きそうです。ユーロ・ドルで節目の1.1500ドルを下抜ける可能性は引き続き高いです。

ECB理事会前は量的金融緩和(資産購入プログラム=QE)の終了期待からユーロ・ドルで1.1840(月間高値)までユーロが買われる局面もありましたが、14日のECB理事会において、現状月額300億ユーロの資産購入を10~12月は月150億ユーロに減額の上、年内のQE終了を市場予想通り発表しました。一方で、ドラギ総裁任期満了の2019年夏までは利上げをしない旨明言されたことを受け、ユーロ・ドルは1.18ドル台前半から一気に1.15ドル台半ばまで下落しました。21日には再びイタリア政権への警戒感が高まる中、イタリア国債利回りが上昇しました(価格は下落)。ユーロ・ドルは一時1.1508(月間安値)まで下落しました。

当面、中長期的なユーロ安ドル高基調は変わらない環境下、イタリア政治やドイツを中心としたユーロ圏難民問題への不透明感もあり、1.1500~1.1700をコアレンジとしてユーロの上値が重たく1.1500の下割れを模索する展開を予想します。ユーロ上昇基調には時間がかかるものと思料します。

ただ、高水準の持ち高が継続されてきたIMMのユーロ買い持ちポジションは6月14日ECB理事会後のユーロ急落によりかなり解消され、グローバルなユーロ買い持ちポジションの傾きは既に小さくなったことから1.1500の節目を下割れしたとしても走る状況ではないでしょう。 引き続き米貿易摩擦懸念よりドル売りとなって、ユーロの上値を模索する局面があればユーロの戻り売りを着実に実行し、1.1500近辺もしくは1.1500割れで一部買い戻すユーロショートのポジションをキープする運用がワークするとみます。節目の1.1500ドルを下割れしたらチャート的には2017年高安の50%押しが1.1448に位置しており、当面の下値の目途となります。ユーロの上値1.17~1.18ドルは当面固そうです。

6月の英ポンド・ドル相場はポンド軟調地合いが引き続き継続しました。月初こそ1.34ドル台(1.3443ドル、月間高値)までポンドが買い戻される局面があったものの、Brexit交渉を巡る不確実性が重石となるなか、ポンドは軟調地合を継続、5月29日の安値1.3205を下抜けると月末にはポンド・ドルで1.3100ドルまでポンドは下落し年初来安値を更新しました。その後、英中央銀行は政策金利据え置きを発表したものの、6対3の票割れ(前回は7対2)となり、サプライズ的な結果(据え置き反対票が増加→利上げ)となったことから、市場では次回8月の利上げが意識され、ポンド・ドルは1.3100ドル付近から1.33ドル台まで一気に買われたものの引き続きBrexit懸念により月末は1.3100割れまでポンドは下落しています。当面のポンド・ドル相場はBrexit関連の政治的不透明感は払拭されておらず、基本軟調地合いのなか、1ポンド=1.3000~1.3500ドルの狭いレンジ相場が継続しそうです。ただ、8月の英中銀金融政策委員会での利上げの織り込み度は約70%まで上昇しており、今後の経済指標で織り込み度が上昇すればポンドは一旦1.3000ドルが底となる可能性もあります。

マーケットはどう動く!?トレーダーの視点

君嶋 慶彦
株式会社FXトレード・フィナンシャル モニタリングユニット マネージャー
2009年、株式会社FXトレード・フィナンシャル入社。現職にて、市場モニタリング、商品企画・市場調査に関する業務を担当。国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe(R))

ドル円は5月高値更新、ユーロドルは1.15ドル割れを予想

6月のドル円相場は、108.70円~110.90円と高安の値幅が僅か2.2円にとどまり、2014年8月以降で最も動かない月となりました。米経済の好調は続いており6月のFOMCも強い内容となったものの、7月6日に米国の対中関税発動が予定されており上値を追いづらい状況となっています。

7月のドル円相場ですが、5月高値111.39円抜けを予想しています。米経済好調から為替相場全体がドル高基調となっており、1月に米中貿易戦争懸念から大幅に円高となった時と違い、ドル円は米中貿易戦争懸念があっても高値圏での動きとなっています。来週に対中関税発動が控えているため今は上値を追いづらい状況ですが、7月6日を過ぎればイベントリスク通過となり、ドル円は高値を試す動きになると考えています。

6月のユーロドルは、ECB理事会で量的緩和を年内で終了する方針を決定したものの、金利については2019年夏まで据え置きとの見通しを示したことから上値の重たい状態が続きました。今後の動きですが、米ドルは来年夏までに4回の利上げが予想されているのに対し、ユーロは金利据え置きのため、ユーロドルは下落する可能性が高いと考えています。直近、イタリアの政局不安から急落したこともあり、目先は1.15ドル~1.17ドルでのレンジ相場となりそうですが、7月中には1.15ドルを割れて1.12ドルを目指した動きになると予想しています。

バックナンバー

鶴のヒトコエの過去の記事を確認できます。

 

【ご注意】
  • 本ページは、投資判断にあたり参考となる情報の提供を目的としており、金融商品の売買を勧めるものではありません。投資の最終的な判断はお客様ご自身の責任でされるようお願いいたします。
  • 本ページでは、当社が信頼できると判断した情報を紹介しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当サイトに基づいて被ったいかなるトラブルや損失・損害等についても、弊社及び情報提供元は一切責任を負うものではありません。