鶴のヒトコエ

東京・ロンドン・ニューヨーク世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点。

鶴 泰治 株式会社FXトレード・フィナンシャル代表取締役社長

三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行後、本店資金為替部にてディーリングの世界に入り、1990年、為替グループドル円チーフディーラーを経てLA支店ディーリングルーム・チーフディーラー、NY支店ディーリングルーム・シニアマネージャー、ロンドン・ディーリングルームディレクターを歴任。20年以上一貫して外国為替を中心とした外貨ディーリング業務に従事。2008年より現職。

ドル円相場予測

107~112円をコアレンジとしてドルの上値を試す展開。
ドルの押目買い推奨。トランプ大統領の不規則な発言以外ドル売りリスクは見当たらない。

4月のドル円相場は貿易摩擦や地政学的リスクを巡る警戒感が後退するなか、ドルが底堅く推移し昨年12月以降のドル売り調整相場(ドル売り円高トレンド)が遂に終焉を迎え、ドルの反発(ドル買い円売りトレンド)相場を確認する展開となりました。ドル円は月末にかけ109円台まで上昇、節目の110円を窺う展開で終了しました。

月初106円台でスタートしたドル円相場は一時105円台(105.66、月間安値)に軟化する場面はあったものの、その後は米中貿易摩擦やシリア情勢を巡る警戒感が後退する中、ドル買い戻しの展開となり、3月高値(107.29)を上抜けると目先のストップロスを巻き込みながら上伸しました。その後FOMC議事要旨のタカ派的な内容や日米首脳会談後の記者会見にてトランプ大統領から対日貿易赤字に対する強硬な発言がなかったこと、また米10年債利回りが節目の3%台を乗せたことなどを手掛かりにドル全面高の地合となり、月末にかけてドル円は一時109.54(月間高値)と2月8日以来の高値を更新しました。

今後のドル円相場は、ドル反発地合のなか更なるドルの上値を模索する相場となりそうです。昨年9月~11月のドル上昇相場(107.32円→114.736までドル円上昇)、一巡後の調整相場(ドル売り円高により114.736→104.56までドル円下落)が終焉を迎え、107~112円をコアレンジとしてドルの上値、110円以上の円安地合が定着できるのかを試す展開を予想します。

1、(新年度需給):4月は新年度入りし、本邦輸出企業の2018年度上期のドル円想定為替レートは3月~4月上旬の105円跨ぎの展開もあり、概ね105円程度に設定される予想のもと、本邦輸出勢は4月のドルの戻り局面である107円から108円にかけて大量のドル売り手当てをしてしまったため、108円以上の円安局面では手をださずに様子見をしている展開となりました。一方、本邦輸入勢のドル買いはドルの急反発により明らかに後手にまわり、買い遅れている状況です。年金等機関投資家は新年度入りして淡々とドル買い予約を恒常的に入れて新ポートフォリオを作成、ドルの上値展開のサポート役となった。今後の年金資金は、ドルの上値を追ってドル買いをすることは考えにくいが、これまでどおり、何らかの要因でドルが落ちたドルの押目(105~108円)では、継続的・断続的なドル買いを行う行動が予想されドルの押目ではサポート役となり続けるでしょう。
→本邦需給面では明らかに「バイオンディップ(ドルの押目買い)」の相場環境となっており、上値を押さえる要因があまりない状況です。

2、(グローバルポジションの傾き):グローバル投機筋の直近ポジション(シカゴIMM)は、ドル円はほぼスクエアです(ポジションの傾きはなし)。一方でドル円を除くドルの売り持ちポジションは過去5~6年で最大級の売り持ち(特に対ユーロでのドル売りが大きい)ポジションとなっており、今後円を除く主要通貨に対しドルが買い戻される展開となるとドル円も上方に引っ張られる可能性は高いです。
ドル買い円売り

3、(米国状況):米10年債金利は4年3ヶ月ぶりに一時3%を越えて上昇しました。原油価格を中心とした物価上昇期待を伴い米長期金利に上昇圧力がかかっています。ドル円相場と米10年債の相関関係は第一四半期0.3以下まで落ちこんでいましたが、足元0.7近くまで戻しており(昨年度は概ね0.8の正相関を維持し、米10年債金利が上昇するとドル円も同様に上昇する相場展開が続きました)、金利上昇に伴った短期的なドル円上昇は継続するものと思料します。米金融政策に目を向けると金利先物相場から逆算した米利上げ回数は2018年で残り2.2回程度と残り年3回(通算4回)の織り込みにはいたっていないです。3月のFOMCでは明らかに金利上昇予想が「上方向にシフト」している結果となったことから、今後も米インフレ関連指標に着目し、強めの指数が発表となればFRBの利上げペースが早まるとの意識されやすい環境となり、日米金利差拡大からドルが買われる大きな要因となるでしょう。
→強めの米経済指標継続はドル買い円売りを後押ししました。米10年債利回りや利上げ回数織り込み度に着目してドル円が短期的に上下する可能性大です(10年債金利上昇、利上げ回数上昇→ドル円上昇、逆はドル円下落)

以前から年初来予想してきた中長期的(年内)には米景気堅調、日米金利差拡大からドル高円安トレンドに回帰し110~115円レンジの円安を目指す展開に近づきつつあり、当面は、やや材料出尽くし感は否めないもののドルの上値を模索する展開となりそうです。中東や北朝鮮の地政学リスクや米通商問題が落ち着きを見せるなか、トランプ大統領の不規則な発言がなければリスク・オンの展開が続くでしょう。100~105円レンジ相場形成のリスクシナリオはなくなり、105~110円レンジから110~115円レンジに上方シフトするまでの過渡期となりそうです。3月26日に年初来安値104.56の下値を確認して以降は着実に下値を切り上げる展開が続いており、108円近辺の重要なチャートラインを明確に上抜けてきたことからトレンドはドル上昇相場に明らかに転換、押し目買いでドルを着実に買って110円以上で一部ドルの戻り売りを繰り返す回転売買が効果的と推奨します。
目先、上値の目処は心理的抵抗ラインである110.00円。111~112円ゾーンを上抜けるには時期尚早と思料します。下値の目処は108円近辺107~108円ゾーンは底堅そうです。

ユーロ相場予測

ユーロは断続的にバリアオプションをヒットし、
1.20割れを付けに行くユーロ軟調急落展開を予想。ポンドも軟調な展開を予想。

4月のユーロ・ドル相場は大きな材料のない中、米金利上昇によるドル高の流れからユーロは軟調に推移、3月安値(1.2155ドル)も下抜け1ユーロ=1.20台まで下落しました。月初より1.22~1.24(1.2414、月間高値)の狭いもみ合いの展開が続いたユーロ・ドル相場は、26日のECB理事会後のドラギ総裁のハト派会見や主要通貨に対するドル買い戻し(ドル全面高)の流れから、27日には一時1.2056(月間安値)ドルと1月12日以来の安値を更新しました。

当面、ユーロは下値を模索し、ユーロ・ドルで節目の1.2000ドルを下抜けると最大1.1500まで下方修正される可能性が高いです。

ユーロ自体、第一四半期の景気・物価指数が総じて軟調の結果に終わったこと、それを認めたドラギ総裁の記者会見がありました。一方でユーロは予想よりも早く量的緩和から脱却することを予測して足元はグローバルにユーロの買い持ちポジションが過去最高水準近くまで積み上がっている状況です(IMM通貨先物ポジション)。今後、更にグローバルにリスクオンとなってドルが買い戻される展開となるとユーロ売りが加速し、ストップロスの状況次第では一旦1.17ドル前後まで急激に下げる可能性が高いでしょう。1.2150、1.2100とバリアオプションがヒットし、月末近くには1.20台まで下落したユーロ・ドル相場は同様のバリアオプションが1.2050、1.2000にもあることは観測されています。節目の1.2000を下抜けてくるとユーロ売りが更に加速することが予測され、グローバルのユーロ買い持ちポジションがすべて解消されるまでユーロが売られることになれば、1.1500ドル近辺までユーロが下落することが想定されます。1.2000以下にも100ポイント刻みでバリアオプションが設定されている(1.1900、1.1800、1.1700、、、)ことは容易に想像でき、市場はそれらをヒットしにいくのが常であり、これらを考えるとユーロは売り持ちで臨みたいです。バリアオプションの場合、防戦買いで一旦ヒットする直前で買い戻される局面が出てくることが想定されますがそこは絶好のユーロ売りです。

ユーロ・円は130~135円をコアとしたレンジ相場になりそうです。今回の局面は円を除く主要通貨に対してドル買いの様相を呈する展開のため、主要通貨売りドル買いに対し、ドル円は上昇傾向です。クロス円は動きづらいです。

4月の英ポンド・ドル相場はポンド軟調地合となりポンドは大きく下落しました。市場は5月にも利上げ(ほぼ100%)と織り込み済みでポンドが底固い展開で推移していたものの、下旬の軟調なインフレ指数やそれを受けたカーニー総裁のハト派発言により、織り込み度が剥がれる(直近25%程度)過程で短期的に積み上がったポンド買い持ちポジションが切らされ1ポンド=1.37台まで急落しました(月間高値は1.4344ドル)。当面のポンド・ドル相場は更に軟調に推移しそうです。月末に発表されたGDPの軟調地合を勘案すると当面利上げはできない状況であり、チャート的にみてもポンド・ドルはダブルトップを形成しています。グローバルにドルの買い戻し基調となればポンド・ドルで1.35ドルを下割れする展開と予想します。ポンド・円は上記ユーロ・円同様レンジ相場で動きづらいでしょう。

マーケットはどう動く!?トレーダーの視点

君嶋 慶彦
株式会社FXトレード・フィナンシャル モニタリングユニット マネージャー
2009年、株式会社FXトレード・フィナンシャル入社。現職にて、市場モニタリング、商品企画・市場調査に関する業務を担当。国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe(R))

ドル円は上値を試す展開、ユーロドルは1.20割れを予想

4月のドル円相場は、欧州や英国の経済が軟調となる中、米経済は引き続き好調を維持していることを好感しドルが買われたことから、ドル円は一時109.53円まで上昇しました。米長期金利が3%を超える水準まで上がってきていますが、今回は株式市場の混乱がないことからリスク回避の円高にはつながっておらず、素直にドル円上昇にいう形になっています。

今後の動きですが、他国に比べ米経済の好調が際立っていることから、目先は引き続きドル堅調の流れが続きそうです。ドル円は4月の日銀短観で発表された輸出企業の想定為替レート109.66円に近づいていることから、しばらくは109円台で上値が重たい展開が続くことが予想されますが、いずれ110円を超えて111円程度まで円安になる可能性が高いと考えています。ただし、今回の上昇は米国の経済状況が突出していることが要因のため、米経済に停滞の兆しが見られないか、今後の米国経済指標の結果には特に注意していきたいところです。

4月のユーロドルは、相次ぐユーロ圏の経済指標の悪化を受け、1.2053ドルまで下げる場面がありました。昨年の4月以降、ECBの緩和縮小を材料にユーロドルは堅調な相場が続いてきましたが、ここにきてユーロ圏の成長が鈍化してきており、ECB議事録でもハト派的な内容が目立ってきています。ECBの政策変更が9月に予定されていますが、このまま順調にいかない可能性が出てきており、このためユーロドルは更に下がると考えています。1.20ドルを割れ、1.18ドルあたりまでの下落を予想しています。

バックナンバー

鶴のヒトコエの過去の記事を確認できます。

 

【ご注意】
  • 本ページは、投資判断にあたり参考となる情報の提供を目的としており、金融商品の売買を勧めるものではありません。投資の最終的な判断はお客様ご自身の責任でされるようお願いいたします。
  • 本ページでは、当社が信頼できると判断した情報を紹介しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当サイトに基づいて被ったいかなるトラブルや損失・損害等についても、弊社及び情報提供元は一切責任を負うものではありません。