鶴のヒトコエ

東京・ロンドン・ニューヨーク世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点。

鶴 泰治 株式会社FXトレード・フィナンシャル代表取締役社長

三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行後、本店資金為替部にてディーリングの世界に入り、1990年、為替グループドル円チーフディーラーを経てLA支店ディーリングルーム・チーフディーラー、NY支店ディーリングルーム・シニアマネージャー、ロンドン・ディーリングルームディレクターを歴任。20年以上一貫して外国為替を中心とした外貨ディーリング業務に従事。2008年より現職。

ドル円相場予測

108~111.50円のコアレンジ、ドルの頭が重たい展開。リスクは108円割れ
108~109円ドル押目買い、110円以上一部戻り売りの足早な短期売買

8月のドル円相場は年初からのレンジ108~115円内の下値を模索する展開となり、108~111円の狭いレンジながらドル売り円買いトレンドに終始しました。月初(8/4)こそ良好な7月雇用統計の発表を受け111円台(111.053月間高値)まで上昇したドル円は、その後低調な米インフレ指数(PPI,CPI)の発表によりドルが断続的に売られ一気に4月以来の108円台まで下落しました。その後も①トランプ政権の先行き不透明感(1.「製造業評議会」「戦略・政策フォーラム」の解散、2.トランプ氏参謀のバノン氏解任、3.壁建設資金を巡り政府閉鎖も辞さない構え表明)や②北朝鮮情勢の地政学リスク、③ジャクソンホール会議(25日)でのイエレンFRB議長からタカ派発言が出なかったことからドルの戻り上値が重たい展開が続き、29日には北朝鮮のミサイル実験によりドル売りが加速、108.265(月間安値)と4月17日以来の安値を示現しました。その後ドルは買い戻され月末は110円台で推移しています。

今後のドル円相場は、当面ドルの上値が重たく引き続き108~111.50円程度の狭いレンジで推移しそうです。

目先、米政府機関閉鎖や債務上限問題、NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉継続など米政治動向に関心が戻ると見られ、ドル売り優勢の展開が続きそうです。リスクは108円下割れ、本格的に割り込めば105円が視野に入るがその可能性は低いでしょう。

一方で目先ドルが上昇する要因としては、好調な米経済指標(特にインフレ関連指数)の発表と、それを受けた米10年債利回りの上昇であるが、足元のインフレ関連指数は総じて弱く、9月のFOMC(19.20)での利上げ見送りは既に織り込み済みであり、年内もう1回利上げが予想されている12月FOMCでの利上げ確率も30%割れとかなり後退しています。ドル円相場と相関性の高い(+0.83)米10年債利回りも月末時点で2.1%前半(一時2.10%割れ)と低水準にて低迷しており、米10年債利回りが2.3%以上に上昇してこないと111円以上のドル上値レンジでの推移は見込めません。目先は8月米雇用統計(9/1)や8月米CPI(9/14)等の堅調な結果が必要であり、年内利上げに対する不透明感は現時点でも継続したままです。弱い数値が発表されればドル円は引き続き軟調地合となるでしょう。9月FOMCでの注目点は同時に発表されるドッツ中央値(FRBによる政策金利見通し「ドット・チャート」)です。焦点は6月FOMCで公表された17年末「1.25-1.50」(年内に0.25%利上げ)が維持されるかどうか?維持されても分布が弱ければドル売り要因となります。

9月末に米国の債務上限引き上げの期限が到来するが、議会が承認しなければ米国がデフォルトに陥る危険性があります。これは今までも同様のケースは何度もあり、米国がデフォルトになると世界経済は崩壊するため、直前のところで回避されるのがメインシナリオです。上院通過には民主党からの賛成8票が必要であり、壁建設取り下げでデフォルト回避がメインシナリオであるが、9/29まで合意できずに政府機関の一時的閉鎖は規定路線です。その過程でリスクオフからドル売りが優勢となり、回避直前にドル買い戻し(ドル買い持ちに転換)になる例年の流れを予想します。

8月は7回108円台をトライしたものの、その度に本邦長期資金(年金)や実需のドル買いきり玉により跳ね返されすぐに109円台まで戻されてきました。今後もドルが売られた局面では確実に彼らがドルサポート要因となるでしょう。またその間、グローバルの円の売り持ちポジションの解消もかなり進んだため108円割れは一時的にストップロスからドルが売られたとしても勢いよく走る可能性は低くなりました。108円を一時的に下割れするとすれば夜間・早朝取引の流動性が薄い時間帯かもしれません。下値の目処は4月17日示現した年初来安値108.134です。

本格的に米金利が上昇するのは、トランプ減税政策が実現するときであるが、まだまだ先の案件であり、しばらくはドルの頭が重たい、だれた相場が続きそうです。ただ減税策が実現して10年債利回りが2.5%を超えてくればドル円相場も115円以上の円安になるという中長期的な見方には変更がなく、当面はドルの押目買い戻り売りを足早に繰り返しながらドルの買い持ちポジションの平均値を改善させて中期的なドル上昇相場に備えたいです。

20170831_鶴のヒトコエ1

ユーロ相場予測

ユーロ・ドル:1.175-1.210コアレンジとしたユーロ買い、ユーロ・円:昨年の
年間高値132.32を目指すユーロ買い 英ポンド・ドル:1.28~1.32動意薄い展開

8月のユーロ・ドル相場は更に続伸、心理的節目であった1.2000を上抜けました。月初、7月のユーロ高の流れを引継ぎ日々ユーロ買いが続伸して1.19台まで一気に示現しました。その後、1.2000の節目を意識した利益確定のユーロ売りから月央には1.16台(1.1662月間安値)までユーロは売られたものの、ジャクソンホール会議でドラギECB総裁がユーロ高への牽制姿勢を示さなかったこととイエレンFRB議長のタカ派発言が出なかったことからユーロ買いドル売りが加速、29日には1.2000を上抜け1.2070(月間高値)と2015年1月2日以来の高値まで上昇しました。

一方、ユーロ・円相場はユーロ・ドル相場のユーロ堅調地合とドル円相場の円堅調地合が拮抗した綱引きの展開だったもののユーロは底固く推移し、29日ユーロ・ドルが1.2000を上抜けていく過程でユーロ・円は一時131.624円と昨年2月4日以来の高値を更新しました。

今後もユーロ相場は当面ユーロが対ドルや円に対して引き続き上昇しやすい展開となるでしょう。チャート的には今年の7月まで2年半続いた1.05~1.15のレンジ上抜けを形成、今後は1.1750~1.2100をコアとしたユーロの底堅い相場展開を予想します。

グローバルな投機筋の高水準なユーロ買い持ちポジションは1.2000を意識した利益確定のユーロ売り局面(1.20手前から1.16台への下落局面)で相当量軽減したものの、8月後半の1.2000を上抜けていく過程で再度高水準の持ち高となった可能性が高く、今後1.2000超えで一方通行的にユーロ買いに走る可能性は低そうです。しかし、当面ユーロの下値は200日移動平均線1.175水準を底に固くなりそうであり、ユーロが売られた局面でユーロ買い、1.20アッパーで一部ユーロ戻り売りをしてユーロ買いのポジションを維持する取引がワークしそうです。

目先ユーロ・ドルの上値の目処は1.2097(2014年12月安値)1.2109(2015年1月高値)のチャートポイントである1.21です。ユーロ・円の上値は昨年の年間高値132.32が意識されます。

8月の英ポンド相場は英中銀による早期利上げ期待が後退し、狭い値動きながらもポンド軟調地合となりました。月初こそ3日の英中銀金融政策会合での利上げ観測を背景に英ポンド・ドルは7月高値1.3134を更新し1.3268(月間高値)まで上昇するも、結果は政策金利据え置きに加え成長率とインフレ予測の引き下げが発表され、ポンドは一転軟調地合に、月央には1.28台(1.2832月間安値)までポンドは売られました。その後は米ドルの軟調地合の流れもあり、概ね1.29前後で推移しました。

今後の英ポンド相場は1.28~1.32をコアに同意の薄い狭いレンジ展開を予想します。米ドルが主要通貨に対して今後も軟調地合が継続するとしても、ポンドも引き続き英中銀による早期利上げ見込みが後退しており主要通貨に対して軟調に推移すると予想します。グローバルな投機筋のポンド持ち高もほぼスクエアに近くポンドの上下値動きを加速する状況にはありません。リスクは米ドルが堅調地合となった場合のポンド下落展開です。ハードBrexitになるポンドの基本的構造(ポンド売り)に変化はなく、1.30以上のポンド上値は、絶好のポンド売りと考えます。

マーケットはどう動く!?トレーダーの視点

君嶋 慶彦
株式会社FXトレード・フィナンシャル モニタリングユニット マネージャー
2009年、株式会社FXトレード・フィナンシャル入社。現職にて、市場モニタリング、商品企画・市場調査に関する業務を担当。国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe(R))

ドル円は目先反発、ユーロドルは調整局面入りを予想

8月のドル円相場は、米債務上限問題や北朝鮮情勢を巡る懸念から上値の重たい状態で、29日に北朝鮮がミサイルを発射した際にはミサイルが日本上空を通過したこともあり、一時108.25円まで下げる場面がありました。ただその後は下値の堅さを確認したこともあり反発、米ADP雇用統計と米GDP改定値の結果が予想を上回ったこともあって、現在は110円台前半での動きとなっています。

今後のドル円相場ですが、下値の堅さが確認されたことで、目先は買戻しから111円台後半あたりまで上昇する展開を予想しています。その後は材料次第になりますが、下に行った場合の下値目安は108円、上に行った場合の上値目安は114円を考えています。日米の経済政策の違いは顕著であるものの、米インフレ率が低いことから米利上げの後ずれ懸念もあり、相場は上にも下にも行きづらい状況で、何か大きな材料が出るまでしばらくは108円から114円でのレンジ相場が続く可能性が高いと思います。

ユーロドルは9月の定例理事会で量的緩和の規模縮小計画が発表されるとの期待から8月も上昇し、一時1.2069ドルまで上昇しました。ここまでユーロドルは急ピッチで上昇してきましたが、ECBが量的緩和を開始する前の水準である1.20ドルに到達したことや、実際に量的緩和の規模縮小計画が発表されると材料出尽くしとなることが予想されることから、9月は調整局面入りする可能性が高いと考えています。リーマンショック後、ECB量的緩和開始前までのユーロドルは1.20ドルから1.50ドルの間で取引されていたことから、この上昇はここで終わりではなく、調整終了後は再び上昇していくと予想しています。

バックナンバー

鶴のヒトコエの過去の記事を確認できます。

 

【ご注意】
  • 本ページは、投資判断にあたり参考となる情報の提供を目的としており、金融商品の売買を勧めるものではありません。投資の最終的な判断はお客様ご自身の責任でされるようお願いいたします。
  • 本ページでは、当社が信頼できると判断した情報を紹介しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当サイトに基づいて被ったいかなるトラブルや損失・損害等についても、弊社及び情報提供元は一切責任を負うものではありません。