MT4のツールMini terminalで新規に注文(成行注文)する方法を紹介します。成行注文は、価格を指定せずに最新の価格で発注する注文です。Mini terminalでは、利確幅(T/P)・損切幅(S/L)を発注画面で入力して発注できます。


Mini terminalで新規に注文する(成行注文)

【注文方法】
①ロット数
 ※標準コースの場合、0.01ロット(1,000通貨)が最小取引単位です
 ※ストリーミングコース場合、1ロット(1万通貨)が最小取引単位です

②利確幅(T/P) ※単位:pips(ピップス)
③損切幅(S/L) ※単位:pips(ピップス)
を設定して
④「買い」または「売り」ボタンクリック
⇒確認画面で「はい」をクリックで新規注文を発注します。

▼Mini terminal発注画面▼

Mini terminal発注画面

利確幅(T/P)と損切幅(S/L)

例)利確幅50pips・損切幅50pipsの設定で、買値(アスク)117.074で買い注文を発注したとき

ケース①売値(ビッド)の価格が117.574 (約定価格 + 50pips)まで上昇すれば決済指値注文(T/P)の条件に到達し、決済注文(売り)が発注され利益確定

ケース②売値(ビッド)の価格が116.574 (約定価格 - 50pips)まで下落すれば決済逆指値注文(S/L)の条件に到達し、決済注文(売り)が発注され損切り

※pips(ピップス)とは、価格の下2桁(ドル円なら0.010)を1pipとする単位です。
※価格の最小単位はポイントです。そのため、1pip = 10ポイント
※買値(アスク)と売値(ビッド)には価格差=スプレッドがあります。
※利確幅(T/P)と損切幅(S/L)には最小設定幅以上の値を設定する必要があります。最小設定幅より小さい値の場合、注文は実行されません(最小設定幅が50ポイントのときは、「5(pips)」以上)。

▼Mini terminalの便利な機能▼
◆「利益5,000円&損失5,000円」など得たい利益金額許容できる損失金額を元に利確幅(T/P)・損切幅(S/L)を計算して発注できるツールです。

※電卓アイコンをクリック⇒計算画面で金額を指定して計算

◆ワンクリック注文設定をすれば、確認画面を省略して「買い」「売り」ボタンクリックで即時に発注が可能です。