コンプライアンス基本方針

ゴールデンウェイ・ジャパンのコンプライアンス基本方針を説明しています

 私たちFX業者は、金融機関として、社会の公器としての行動が求められており、投資者が安心して参加できる、公正で透明な金融商品取引市場を作っていく責務を負っています。

 私たちゴールデンウェイ・ジャパン株式会社は、コンプライアンスを実践することが、その責務を全うするために不可欠なものであり、お客様や社会から信頼される企業として発展するための基礎となるものであると考えます。

 あらゆる企業活動は、コンプライアンスの精神に基づいて行われなければなりません。そして、コンプライアンスは、他人から押し付けられるものではなく自らが実践するものです。

 コンプライアンスの実践とは、単に「法令やルール」に反しなければいいと言うものではなく、「法令の基礎をなす精神の尊重」を意味します。

 私たちゴールデンウェイ・ジャパン株式会社が、より多くのお客さまからの満足と支持を頂き、かつ、
もっとも模範的な金融商品取引市場の担い手となるため、役職員全員に共通した判断基準である「行動規範」を定め、当社の「コンプライアンス基本方針」とします。