MT4のツール「FXTF Mini terminal」では、チャート上の「注文マーカー」をクリックで表示される注文変更画面(計算画面)を使って、利益金額や損失金額を指定しての注文変更などが簡単に行えます。


注文変更画面の見方

注文マーカーをクリックで注文変更画面が表示されます。



■注文変更画面



①注文番号

②建玉決済
クリックして保有ポジションを決済します。
※確認画面は表示されず、ワンクリックで即時決済されます。

③評価損益
保有ポジションの評価損益が表示されます。
※クリックすると表示を≪金額(円)⇔pips≫に切り替えができます。
※スワップポイントが含まれた評価損益となります。


④注文情報
売買の方向、ロット数、通貨ペア、約定レートが表示されます。

⑤一部決済
クリックすると一部決済の設定画面が開きます。

⑥損切り(S/L)、利益確定(T/P)、トレイリング・ストップ(T/S)
・設定レート値、現在レートまでの価格差、到達したときの損失金額(利益金額)が表示されます。
・クリックすると計算画面が開きます。

 

計算画面の見方

■注文変更画面
「S/L」をクリックして、入力した想定損失額などをもとに計算した損切り(S/L)値を変更します。





・固定価格・・・固定でレートを入力
・pips・・・現在レートから何pips離れたところに設定するかを指定します。
・想定損失額・・・許容できる損失金額を入力します。
・有効証拠金%・・・有効証拠金の何%の損失を許容するかを指定します。
・残高%・・・残高の何%の損失を許容するかを指定します。
・損益分岐点・・・利益・損失ともに0円になる値を指定します。

※想定損失額、有効証拠金、残高の場合、損切り(S/L)は損失金額をもとに計算された値が設定されます。

スワップを含まずに計算された値が設定されます。
そのためターミナルの情報等と異なる場合がございます。計算される値は概算としてお考えください。

 

■計算画面:決済指値(T/P)
「T/P」をクリックして、入力した想定利益額などをもとに計算した利益確定(T/P)値を変更します。





・固定価格・・・固定でレートを入力
・pips・・・現在レートから何pips離れたところに設定するかを指定します。
・想定利益額・・・得たい利益金額を入力します。
・有効証拠金%・・・有効証拠金の何%の利益金額を得たいかを指定します。
・残高%・・・残高の何%の利益金額を得たいかを指定します。
・損益分岐点・・・利益・損失ともに0円になる値を指定します。

※想定利益額、有効証拠金、残高の場合、利益確定(T/P)は想定利益額をもとに計算された値が設定されます。

スワップを含まずに計算された値が設定されます。
そのためターミナルの情報等と異なる場合がございます。計算される値は概算としてお考えください。

 

■計算画面:トレイリング・ストップ(T/S)
pipsを指定して、トレイリング・ストップ(T/S)値を変更します。

 

利益確定(T/P)・損切り(S/L)・トレイリング・ストップ(T/S)を設定できないとき

①すでに現在の価格が「T/P」「S/L」「T/S」の価格を越えているとき

②「T/P」「S/L」「T/S」の価格が約定価格と近すぎるとき
 ストップレベル以上離れた値を設定してください。
 ※ストップレベル・・・指値/逆指値ができる、現在レートからの乖離幅(ポイント)

 【ストップレベルの確認方法】
 ストップレベルは相場の状況や通貨ペアごとに異なります。
 「気配値表示」より、確認したい通貨ペアを右クリックして 「仕様」をクリックします。
 「取引条件」のウインドウに「ストップレベル」がポイントで表示されます。