【はじめてのバイトレ】②取引画面の使い方動画

FXTFのバイナリーオプション口座【バイトレ】の初心者向け動画第二弾です。今回はクイックデモの取引画面の使い方、どうやってトレードすればいいか?を解説しています。


取引時間帯は第2回号(9:10~11:20)ちょうど東京仲値の時間(9:55)に変動していることが分かります。

FXの知識として「東京仲値」を確認しておいて下さい。
■東京仲値とは?
東京時間の為替相場のクセの1つに「東京仲値」というものがあります。これは銀行等の金融機関で外貨を売買する時の基準となる価格のことで、平日の午前10時に発表されます。その価格が1日の基準レートとして適用されるため、10時前後の時間帯に相場が動きやすい。(9:55ごろから仲値決めで一番動きます)この東京仲値の一時的な変動を狙ったトレード法もあります。


バイナリーオプションの取引では今の価格ではなく、右側のラダーに提示されている目標レートを選び、それに対して「上か、下か?」を予測するのがポイントです。


その時に頼りになるのが「レート差」です。
現在レートと、目標レートの乖離がどのくらいあるか?が分かればどのチケットを買ったらいいか、がわかります。


↑レンジINの説明
(判定時刻にレンジの中に現在価格が入っていたら取引成功)


↑レンジOUTの説明
(判定時に、レンジの中から外れて入れば、上でも下でもOK、取引成功)


↑タッチは目標レートにタッチした時点で取引成功(ノータッチはその逆)

以上のポイントを確認し、動画をご覧ください♪
その後まずはデモ口座で練習し、コツをつかんだらライブ口座で挑戦です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加