【MoneyToday】勝ち続けるためのFX格言(FXTF鶴泰治氏)

世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点

お金のポータルサイト「Money Today]の特集、FXトレード・フィナンシャルの鶴泰治社長のコラム第2弾が掲載されました。◎前回記事⇒FXのプロが勝つために実践しているポジション保有後の行動7原則

◎第2弾はこちらです
世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点/勝ち続けるためのFX格言

【Money Today】FXTF鶴泰治氏のおすすめコラムとは?

20年以上一貫して外国為替を中心とした外貨ディーリング業務に従事し、東京・ロンドン・ニューヨークという世界3大市場でチーフディーラーを務めた株式会社FXトレード・フィナンシャル 代表取締役社長 鶴泰治氏によるコラム。今回は、FXで勝ち続けるための格言を解説していただいてます。初心者の方はもちろん、すでにFX取引をはじめている方にもおすすめの特集となっています。

FX格言
勝ち続けるためのFX格言(これはかなり投資家に刺さる内容ですね。)

◎FXの格言①⇒みんな同じようなデータや手法を結局使っている
・プロは、ファンダメンタルズ分析をベースに取引をしている
・チャートポイントを知らずに取引している投資家はいない
・予測を間違えたら素直に損切りすべき

◎FXの格言②⇒ドル/円のチャートに見られる右側の崖(円高局面は売り回転で攻める)
・右側に崖を作る要因は「海外金利の魅力」
・実需筋も、右側の崖づくりにかかわってくる
・「右側の崖」を考えれば売りのほうが効率的?

◎FXの格言③⇒FX取引に必要なスタンス「休むも相場」
・自信がなければ必ずしも相場には入らなくてもいい
・相場に乗り切れない時も、思い切って取引を休む

◎FXの格言④⇒上昇相場の際に思い出したい「押し目買いに押し目なし」
・「押し目買いに押し目なし」とは何か?
・専門家が「押し目」を言い出したら、迷わず目の前のレートで買ってみる
・上昇相場では一度は「押し」が入る!「初押し」は買い
・市場が「戻り売り」を言い出したら、目の前のレートでまず売ってみる

ぜひご一読ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加