バイトレ取引画面の見かた

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

今回は

バイトレの取引画面について解説します。

バイナリーオプションの取引方法は

FXとはちょっと違いますので、

最初のうちは、操作方法に戸惑うかもしれません。

しかし、注文方法はシンプルです。

1項目ごとに確認していけば、すぐに把握できるようになります。

■バイトレの取引画面

バイトレ取引画面解説

① 3つの取引形態

バイトレには3つの取引形態があるのが特徴です。

「上か、下か?」というオーソドックスなHIGH LOW型「ラダー」に加え

「レンジ」と「タッチ」があります。

この3種類をあわせて『世界三大BO』といいますが、

3つとも取引が可能な国内業者は「バイトレ」だけです。

②銘柄選択(6銘柄)

ドル円/ユーロドル/ユーロ円 のほか

ポンド円/ポンドドル/豪ドル円 があるのが特徴です。

③チャート

チャートは切り替え可能。

通常のBOチャートから

テクニカル分析つきの「ぶんせきチャート」へ変更できます。

(チャートのアイコンをクリックすると変わります。)

④現在開催中の銘柄

銘柄別に、同じ回号の銘柄が並んでいます。

横にスライドさせて銘柄を選びます。

⑤チケット購入画面

チケットは3つのパターンがあります。

HIGHとLOWの目標チケット1組を「1本」と数えると分かりやすいです。

3つの取引画面

・シングル:1本  現在値に近いもの

・トリプル:3本  3組のチケット

・オール:4本以上 すべてのチケット

※「オール」の場合のみ価格帯を上下にスクロールし表示チケットを変更できます。

(最大15本)

3つの取引画面の使い分けですが、

・直近のチケットを買いたい場合は「シングル」でOK

・複数エントリーや、安いまたは高いチケットを買う場合は「オール」

私の場合「トリプル」はほとんど使いません(笑)

これは好みの問題だと思いますが

「オール」で十分だと思うからです。

■操作方法は練習あるのみ

バイトレには登録不要

「クイックデモ口座」があります。

まずは「デモ口座」で

操作方法を習得してください。

「クイックデモ」はこちらから↓↓

http://demo-bt.fxtrade.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です