EAの取引スタイル&またまた小さな勝ち

EA(Expert Adviser システムトレーディングに使用する戦略ファイル)を使用してトレー

ドを行なう意味は、自動化することによって、ナンピンマーチンやトラップ系のトレード

など、実際には手動では行なうことができないような細かい値幅でのエントリーや決済、繰

り返しのエントリー決済を短時間内に行う事が出来たりするといったことが最も大きいと

考えています。

20150417_B

勿論、トレードする人がずーっと相場に貼り付いていなくてよくなることも利点です。

そんなEAの取引スタイルは裁量トレードと同じようにいくつものジャンルに分かれま

すが、今日は、人気のあるEAのトレードスタイルをご紹介したいと思います。

EAの取引スタイル、メジャーなのは3つ~4つ 

メジャーな取引スタイルは3つ~4つほどあり、それらをミックスして1つのEAとしている

ものもあります。

まずは、オーソドックスなトレンド追随タイプです。

【トレンドフォロー系】

トレンドフォローとは、相場の上昇トレンド・下降トレンドに追随し相場自体の流れに乗る

ことで利益を出そうというもので、比較的大きな足を使って、長時間ポジションを

保有するEAが多いです。また、ロジックは比較的シンプルなものが多いことも特徴です。

使用される代表的なテクニカル指標は
〇移動平均線
〇MACD
〇DMI
〇ボリンジャーバンド
〇一目均衡表

などです。

例えば、単純に移動平均線のクロス判定を使ったトレンドフォロー系EAは

以下の画の様に、クロスで売り、買いエントリーを行なって、その後のトレンド

に乗って利益を積み増して行くことを狙います。

20150417_C

傾向として、トレンドが発生した相場にピッタシはまると、大きな利益を生みますし

数日から場合によっては数カ月以上の長期間に渡ってポジションを持つので

売買回数が少なくなる傾向にあり、手数料の負担が少ないということが挙げら

れます。

エントリー確定の精度が高いトレンドフォロー系EAがあれば、最強ですが

今まで見た中では、勝率は良くて20%程度のものが多く、大きく利益は上げ

るけれどもコツコツと小さく良く負けるものが多いです。

負けトレードの連発で証拠金が減っても大丈夫という資金を用意し、負けても

稼働を継続できるメンタルが必須です。

【スキャルピング系】

比較的短期足を使い短時間で利ザヤを取るタイプのEAです。

20150417_D
ロジックは様々ありますが、中長期で順張り方向、短期足で逆張り方向にエントリーし

6~7PIPS程度の利益を短時間で高確率で取って行くスタイルが人気です。

上の画は、Forex White Bear V1の4/15のトレードですが、このように薄く利益確定

して行きます。

また、ニューヨーク市場がクローズした後のアジア時間の早朝の比較的相場に動きが少なく

レンジ相場になり易い時間帯を狙って、逆張り系のスキャルピングを仕掛ける
所謂、「朝スキャEA」と呼ぶものもあります。

いずれも、小さな値動きを捕らえて、結果的には「損大利小」「勝率重視」のトレードを

行ないます。

次に、ポジションを積み増して行くナンピン、マーチンタイプです。ご存知の方も多い

と思いますが、エントリーと逆行した時に、私も怖い思いをしたことは何度とあります。

【ナンピン・マーチン系】

「ナンピンマーチン」は、あるポイントでポジションを持ち、最初のエントリーの方向

とは逆の方向に値が動いた場合に、含み損が増加すると、さらにポジションを

(倍にして=マーチンゲール)追加してポジションを取り、価格が戻ってきた時に

リカバリーしようとする取引方法です。

20150417_E

ファーストエントリー(初回ポジション)

⇒値動きがエントリーしたポジションと逆行

⇒同じ方向にロットを上げポジションを追加

⇒トータルで利益の出ているところで決済する

というのが大枠の取引スタイルになります。

*ポジションサイズを上げずに、ポジションを追加するスタイルはナンピンと言います。

ユーロドル相場などは、70%以上レンジ相場を形成すると言われますので

ナンピン・マーチンゲールの手法でポジションを持って、一旦は含み損を抱えても

多くのケースで、レートが戻って来て勝ちトレードとなりますが、エントリーと逆方向に

トレンドが出た時は、先述の通り恐ろしいことになります。使い方が難しいEAです。

これら3つの他にも有名なタイプは、レンジ相場で複数のポジションを等間隔で保有する

トラップトレード系と呼ばれるもの等が挙げられますが、現在、主要なものは、上記

の3つ、あるいは組み合わせたものです。

それでは、スキャル系のForex White Bear V1、スキャル・トレンドフォローミックスの

Forex Solidを使ったリアルトレードを見てみましょう。

本日のfx-onリアル口座 またまた小さな勝ち

前回のご報告と同様に、それ以降本日までのトレードも、また小さな勝ちでした。

両方ともForex Solidのエントリーです。

20150417_A

負けることも勿論あるものの、こうやってコツコツと勝って、気がつけば年間で対証拠金

20%増というような取引がシステムトレーディングです。

今後も順調に証拠金が増えて行くことをお見せできるよう、頑張って参ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です