年越しポジション仕込みへ。

ひろぴー画像アイコン用-150x150.png

今週前半は世界の市場の大半がお休みだったため、東京市場だけでのマーケットとなりました。

前回の記事:EMA62線押し目待ち。

今日は117円より下に年金のドル円ビットが並んでいるようです。

今日から欧州勢も参入してきますので多少動くとは思いますが、117円を切り崩せるほどのフローがあるとはあまり考えられません。

それを踏まえて、今日もドル円の分析をしたいと思います。

天井圏停滞

USDJPY-cdH4

118円まで上昇していたドル円、そこから下落することなく、上昇するこもなく、1週間以上停滞が続いております。

週足ベースでは久しぶりに先週は陰線となりました。

月曜日の更新ではドル円を116.80円から買いを指していたのですが、現在まだそれが付いておりません。

4時間足で三角持ち合いを上抜けたことから、少し上昇の兆しが見えてきたように感じます。

ただ、欧州時間には一度また下値の堅さを確認しに行くような値動きになりそうですので、そこをうまく拾ってみたいとも考えております。

EMA62線も少しずつ切り上がってきておりますので、116.90~117.05円近辺からロングができると理想かもしれません。

RCIトレンド発生パターン

RCIの使い方①
RCIの使い方②

上記のリンク先でも似たような使い方を紹介しておりますが、今回もその形状にRCIがなりつつあります。

良い形になってきました。

ドル円チャートを今一度ご覧頂きたいのですが、RCI26がボトムを脱しまして、RCI52も浮上しようとしております。

RCI9の形状から、一旦下落をしたタイミングが押し目のタイミングとなりそうですので、そこをうまく拾いたいと考えております。

今晩は下落したときのプライスの位置とRCIの位置を見ながらのトレードとなりそうです。

なんとか今日中に年越しポジションを作ってみたいと考えております。

モンテ・パスキ資本不足問題

話は変わり、リスクオフの話です。非常に注意なのがイタリアの銀行問題です。

イタリアでいう、メガバンクにあたる金融機関がいくつも資本不足に陥る恐れがあり、特にモンテ・パスキ銀行はその資本不足が深刻さが継続されております。

リスクオフの流れが来ているほどでもないのですが、やはり年明けは心配です。

個人的には円は買いたくないため、リスクオフポジションはスイス買いが良いのではないかとも考えております。

ただ、ユーロドルやユーロ円、ユーロスイスで対処していきたいと考えがちですが、今月の値動きを見てますとそうでもなさそうです。

ユーロ売りの材料ではあるのですが、ユーロの市場ショートポジションがまだ大量に残っておりますので下落するにもしきれないといったような感じだと思います。

リスクオフ相場には滅法弱い、オセアニアなどのショートが良いのかな、とも考えており、豪ドルスイスやNZスイスといったかなりマイナー通貨ペアですが、このあたりも検討しておくと良いのではないでしょうか。

本日で年内最後の更新となりました。

今年はラジオ日経、「トレードパーティ」も始まり、非常に有意義な一年でした。

来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②
ひろぴー式MT4チャート ※PCのみ

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版
ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド(PDF:5,495KB)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加