ドル円月足では綺麗なセカンド上昇!

ひろぴー画像アイコン用-150x150.png

水曜日に更新した記事は下記になります。

前回の記事:もう110円目前!

あっという間に111円です。

先週は一気に110円をトライして抜けてしまいました。

大きなオプションバリア観測もございましたので、珍しく逆張りで強めにショートで勝負したのですが、まさかにファーストトライで貫通です。

一気に損失を出してしまい、振り出しに戻ってしまいました(汗)

経験値と確率に基づいて勝負したので、悔いはないのですが、運が悪かったタイミングが今回だったようです。

気を取り直して、今週の戦略を考えていきたいと思います。

海外では新黒田バズーカと捉えられていた!?

週足ベースで大陽線が2回続いた週は今年初でしょう。

まだまだ止まることなく大きく上昇しました。

ドル円の上値目処がいい加減わからなくなってきました。押し目を入ったら入ったで大けがしそうなので、しばし傍観の予定です。

入ったとしても107.50円を予定しております。

大統領選挙から10円伸びました。黒田バズーカの時の上昇スピードを凌駕しております。

ふと、思ったのですが、ブルームバーグのマーケット記事欄を見ていると、先日の日銀の「指値オペ」が、英語版ですと、アンリミテッドと、無制限介入を示唆したような見出しになっておりました。

また黒田総裁のコメントでも、「長期国債をいくらでも無制限に買い増す!」っといった発言が独り歩きし、どうやら、黒田バズーカ3やニュー黒田バズーカと解釈をされていたようです。

思い返せば、先週、僕が愛読している志摩力男さんの有料メルマガでも同じことに言及されていたことに今更気づきました。

日本人からすれば、この上昇には疑問符でしかないのですが、上記のような内容で報道されてしまえばある意味納得です。

高い位置のオプションバリアも容赦なく潰しにいき、大台の110円すら一撃で粉砕されてしまうほどの威力は認めざる得ないでしょう。

これが金曜日のNY時間に111円手前から1円下落しても1円戻って引けただけの勢いをまだまだ継続しているということなのかもしれません。

っとなると、上値の目処はどこなのでしょうか。

もしかしたら、もっともっと遠い距離なのかもしれません。月足でみると物凄い上昇トレンドが再開するかもしれないと感じるほどの形状になっております。

ドル円月足チャート

USDJPY-cdMonthly

ドル円月足チャートです。

最近の相場に翻弄されておりましたので、見ることを怠っておりました。

ここ5年間の大きな上昇トレンドから、昨年から始まりつつあった下落トレンド。

1年以上を掛けて押し目を形成し、フィボナッチリトレースメント的にも半値戻しで現在跳ね返されたことになっております。

再び上値をトライしにいくような形状です。

誰が120円までいくと想像しているでしょうか。ほとんどいないと思います。

大方、自分も含めてですが、せいぜい110円前後まで戻して反転して100~105円ぐらいまで戻ると考えているでしょう。

もちろん、その可能性は十分ありますし、現状の日足の平均的な移動平均線ベースでのかい離率から考えれば、当然のことです。

しかし、このように月足など、またまた大きいな時間枠で捉えますと、まったく景色が違うことに気づかされます。

日本の個人投資家の逆張りポジションを徐々に巻き込みつつ、押し目もなくダラダラ上がってしまう相場も少しは頭の片隅において注意しておこうと思います。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②
ひろぴー式MT4チャート ※PCのみ

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版
ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド(PDF:5,495KB)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加