米ドル調整売り来るか?

ひろぴー画像アイコン用-150x150.png

先週はドル円はレンジ相場の想定でコラムを執筆。ポンドドルも戻り待ちで待機しておりました。

前回の記事:ドル円103.50~105円のレンジか?

結局ドル円もポンドドルもエントリーできずと週末を迎えたところ、ユーロ買いに少し閃きを感じました。

その後、金曜日のNYクローズはクリントン大統領候補のメール問題が再び浮上し、米ドル売りが勃発して引けました。

今週はこれらを考慮してトレード戦略を立てていきましょう。

ドル売りが加速か?

先週後半はユーロドルの形状と欧米の長期金利の動向を見ながらトレードをしておりました。

ドイツ国債を中心に欧州の長期国債が売られました。よって、長期金利が急激に上昇し、ユーロ買いにつながりました。

この値動きを察知し、早めにユーロ豪ドルをロングです。この後、ここ最近、米ドル買いに市場のポジションが偏っていたことから、そろそろポジションバランスが崩れるだろうと想定し、ユーロドルの押し目買い戦略に移行をしておりました。

その結果、ユーロドルは上昇。さらに運よく、上記に記載したクリントン大統領候補のメール問題が蒸し返されまして米ドルが急落して取引を終えたそうです。

再びトランプリスクが浮上というわけでもありますので、ドルメキシコペソも乱高下した模様です。

今週前半は米ドル買いの捕まっているポジションがまだたくさんあるでしょうから、それらの解消の値動きが見られるのではないかと思われます。

ユーロドルからチャートをアップします。

ユーロドル4時間足分析

EURUSD-cdH4

ボトムアウトを示唆しております。

山と谷の切り下げておりましたが、それらがなくなり、切り上げとなっております。

次のサポートラインは1.0950あたりとなりそうです。ここをバックにロングを一度追加したいと考えております。

またRCIの26はすでに+80%圏に突入しておりますので、本物の上昇トレンドに変貌するならば、ここから加速がもうひと伸びありそうです。

RCI52もプラス圏に浮上してくるタイミング月曜~火曜にはありそうですので、ここは注目でしょう。

ターゲットは半値戻しの1.1065あたりを想定しております。

また1.10前半の1.1015~1.1025あたりのレジスタンスゾーンが抜けるかも注目しております。

ドルカナダ4時間足押し目買い狙い。

USDCAD-cdH4

こちらはまだ少し先の話になるかもしれませんが、ドルカナダの押し目買いを狙います。

深めの押しを待って、1.33あたりから打診買いの予定です。

ユーロドルが上昇したように、カナダドルがどの通貨に対しても弱い状況がここ数日ありまして、その最弱に部類分けできたカナダドルに対しても米ドルは弱さを見せ始めております。

上髭を連発して、このドルカナダのチャート形状は厳しそうです。

MACDもダイバージェンスしていることから、これは一旦売りに押されるのかな?っと感じております。

DMA25を割れてきたらEMA62をトライするでしょう。

しばしの間、この通貨ペアも弱さを見せそうです。

これらの米ドル買いが弱まることを考慮して、ユーロドルは押し目買いで行きたいと思います。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②
ひろぴー式MT4チャート ※PCのみ

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版
ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド(PDF:5,495KB)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加