米ドル買い強まる。

ひろぴー画像アイコン用-150x150.png

今週の月曜日はNZの下落を予想した記事でした。

前回の記事:NZドルが意外!今年は18%上昇していた!

相変わらず、ポンドも乱高下ですが、下値を更新続けております。

そろそろどこかで大きく戻されるタイミングあるように思えます。ただ、そこはまだ売り場となると思いますので、非常に緩やかに売り上がる対応で良いのではないでしょうか。

今日はドル円とNZドルをみていきたいと思います。

ドル円は方向感が定まらない。

USDJPY-cdH4

ここ最近、ドル円を個人的に敬遠しております。

理由は、利上げを織り込む動きやトランプリスクの後退でドル円が上昇できる条件が整いつつも、欧州の金融機関の債務問題で円が買われるタイミングもしばしばあるためです。

そして今週いっぱいでおそらく本邦からの下期予算のドル円買い玉が収まるのではないかと思い、徐々に上値を重くしていくのではないかと、考えているからです。

104.30円の高値を超えることが今のところできておりません。

出来たとしても105円は非常に売りが厚いようにも感じます。

高値を買っていきたい相場ではないので、非常に悩ましいタイミングではないでしょうか。

ただ、103円クリアに割れてきたファーストトライは分厚い買い玉に支えられるように思えます。

102.50~55から買いの指値を少し入れてみました。こちらは短期のトレード予定です。

103.50円を目処のその手前では手じまう考えでトレードしたいと思います。もし抜けてしまったら買い指値はキャンセル予定です。

RCIの形状は非常に悪く、上値が重い展開を示唆しております。もうしばらく様子見で深い押し目を待とうと考えました。

NZドル日足トレード

NZDUSD-cdDaily

さて、お次はNZドルの日足です。

月曜日から100pips以上の下落を演じました。本日少し戻しております。

第一ターゲットである、0.7050(前回記事通り。)にぴたりとヒットしまして本日少しショートカバーという局面でしょうか。

半分利食いをして再度ショートを狙います。0.71をバックに売りたいため、0.7095~98ぐらいに売りの指値をセットしております。

第二ターゲットは0.6950です。200日線が狙いになります(オレンジの移動平均線)。水色で囲ったあたりをイメージしてのトレードをする予定です。

RCIの形状は3本共下向きを継続。RCI52がマイナス圏に沈下し始めましたし、RCI26も-80%圏に突っ込んできました。

強いトレンドはここからボトム圏に張り付きますので、それを期待した売りです。

リスクオフでも米ドル利上げでも対応できる通貨ペア、どちらも売り材料ですので、こちらをチョイスした次第です。

NZの11月の利下げの確率も高いですし、上値が重い展開は続くと考えております。順張りでショートを繰り返す予定です。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②
ひろぴー式MT4チャート ※PCのみ

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版
ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド(PDF:5,495KB)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加