バイナリーオプション「ノータッチ」の選び方

FXTFのバイナリーオプション「バイトレ」には他社には無い
「世界三大バイナリー」が全て取引可能です。
そして今回は意外と知られていない「ノータッチ」のコツを紹介します。

「タッチ」には
目標レートにタッチしたら取引が成功する「タッチ」
満期までタッチしなかったら取引が成功する「ノータッチ」
という2つの選択肢があります。

今日の取引では、相場が動き
ドル円:上昇、ユーロドル:下落という状況で
どちらの影響も受けやすいクロス円の「ユーロ円」の取引を例に挙げます。


■タッチとノータッチの違い

「タッチ」を買うと
目標レートに到達したら、取引時間の途中でも取引終了するので
すごく達成感があるのですが(笑)
「ノータッチ」目標レートにタッチしないことを願って
満期までだらだらとポジションを保有し続けなければならない地味な作業です。


■ユーロ円「ノータッチ」購入

818ノータッチ1
第2回号の後半、ユーロ円が上昇。
113円にはタッチしないだろうという「ノータッチ」を選択

このとき、ユーロ円に影響のある
「ドル円とユーロドルの状況」はどうなっているでしょう?


■ドル円のタッチ画面

818ノータッチ2

■ユーロドルのタッチ画面

818ノータッチ3
ユーロドルも同様に中央3本の目標レートはタッチ済みで、ノータッチ側は買えません。

東京時間は特に
・ドル円が上昇するとユーロドルが下落し
・ドル円が下落するとユーロドルが上昇する
という傾向があります。(必ずではありません)

ユーロ円は
ドル円xユーロドル=ユーロ円
という掛け算で出来ているので、どちらにも引っ張られることから
ユーロ円にはまだトレードチャンスがあったことがわかります。

■ユーロ円ノータッチ取引成功

818ノータッチ4
このように、ドル円・ユーロドルが買えない状態でも
トレンドが逆方向へ行っている場合は「ユーロ円が買える場合」があります。

これは、
ドル円xポンドドル=ポンド円
でも有効です。(その時の相場つきにもよりますが・・・)

バイナリーオプションは「クロス円」の特徴をつかむと
銘柄の選び方、チケットの買い方がわかってきます。
このような見方で「ノータッチ」やってみるのはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加