突如米ドル売り!?

ひろぴー画像アイコン用-150x150.png

今日あたりから本格的な夏休み相場になります。

前回の記事:8月のドル円は底堅い展開になるか?

月曜日の記事通り、ほぼ思惑通りでしたが、今朝ほどドル円の急落がございました。

円が買われていたのではなく、世界全体がドル売りに突如なったようです。

特にファンダメンタルズ的な要素はなさそうですが、流動性の薄さから来ているものなのでしょうか。

少々恐怖感がありますので、ドル円は戻ったところを閉じたいと思っております。

今日はドルストレートチャートをみていきましょう。

ドル円日足チャート

USDJPY-cdDaily

突如、今朝の8時ごろから70銭の下落です。

再度申し上げますが、円が買われた値動きではありませんでした。

他のドルストレードやドル建てコモデティ価格も同じように米ドル売り方面での値動きです。

原因は今一よくわかりません。

ただ流動性が薄いのが原因の一つだと考えられますので、捕まっているポジションも多いと思います。

急落を狙われるとひとたまりもありませんので、ドル円ロングは逃げたいと思います。

一瞬で戻ったり、大きく下落したりを繰り返しそうですので、ポジション量は控えめにしないといけなさそうです。

ポンドドル4時間足チャート

GBPUSD-cdH4

お次にポンドドル4時間足です。

こちらもドル円同様に米ドル売りで反応しております。

ドル円やユーロドルは雇用統計後の位置まで戻してしまいましたが、ポンドはさすがにそこまで戻っていなさそうです。

しかし、こちらもショートポジションは捕まっているのも事実だと思われます。

深めの戻りを待って、今週中にどこかでポンドドルの中期売りポジションを構築したいと考えております。

参考としては、RCI26が現在ボトムアウトしそうな形状になってきておりますので、これが浮上し、0.00ライン付近まで戻ってこればショートするタイミング的にはベストかもしれません。

ポンドドルが上昇しなくとも時間の経過がこれを解消してくれますので、明日のNY時間か明後日あたりからポジションを作れたらいいかな、と思っております。

※参考:RCI9:黄緑色(短期)、RCI26:水色(中期)RCI52:橙色(長期)
RCIの使い方①RCIの使い方②

そして海外勢は夏休みも本格的になり、かなり流動性不足になると思いますので、トレードの再開はお盆明けぐらいが良いかもしれません。

僕も夏休みを頂くことになりましたので、次回の更新は17日の水曜になります。

変則で19日の金曜日も更新予定です。

よろしくお願い致します。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②
ひろぴー式MT4チャート ※PCのみ

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版
ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加