余裕を持ってバイトレ1時間の取引戦略!

Brexitショックが一旦落ち着き、市場はリスク・オン相場になって来ました。

短期的な動きでは、予想外の急騰・急落の懸念があるため
今回はドキドキしない長め(1時間)のBOトレードを紹介します。

バイナリーオプションは1回号:約2時間の取引時間内ならいつでも取引可能です。
相場が見えていればスタートすぐでも、終了間際でもかまいません。


バイトレ1
バイトレ第5回号(15:10~17:20)のユーロドルです。(1万円コース)

満期(17:20)までのこり1時間
東京市場が引けたあと、16:00から上昇してきたところ
「1.10904ドル:LOW」を2本エントリーしました。

バイトレ2
投資判断はFXTFのMT4
ボリ平ドラゴン式のインジケーターを入れています。

FXとBOは原資産が同じなので、併用してトレードが出来ます。
ユーロドルLOWの根拠は、5分足チャート

今回は1時間のバイナリーなので1分足チャートだけでなく、
5分や15分足の長いスパンでもトレンドを見ています。

バイトレ3
方向的には間違っていなかったのですが^^
その後、さらに上昇したので一段上のラダーを5本購入「1.11014ドル:LOW」
(最初の2本がだめでも利益が出るように多めに購入してしまいました。)

下げの目処は5分足チャート、ボリンジャーバンドのセンターラインです。


バイトレ4
8分後、ユーロドル現在価格は1.10856ドル
最初の2本「1.10904ドル:LOW」も大丈夫そう。

バイトレ5
2分間の判定待ち直前、購入したチケット価格がどちらも「10,000円」になりひと安心♪


バイトレ6
取引終了。
今回は価格のピークが16:30ごろ
判定ギリギリの時間帯ではエントリーチャンスがない相場でした。

最初の2本のLOWポジションも、その後上昇してしまったものの
取引時間に余裕があったから「下落トレンドに間に合った」とも考えられます。

このように取引時間を長めに取ると、細かい動きに左右されないトレードが出来ます。
ぜひやってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加