ポンド円戻り売り模索

2016011206_ひろぴー画像アイコン用-150x150

今週は英国EU離脱後の相場についてお話しさせて頂いております。

⇒ 参考(前回記事):英国EU離脱!世界はリスクオフ相場へ

毎日のように欧州発の混乱した状況のニュースが流れてきます。当面この流れは続くでしょう。

欧州金融系の株が崩れて、徐々に連鎖反応をしてゆくパターンで想定をしております。世界のヘッジファンドもそちらの方向に急いでポジションを傾けているようです。

間違いなく、それを狙っているのではないでしょうか。

ポンドやユーロは売り継続で見ております。現在、行き過ぎた相場の買戻しぐらいしか上昇する理由が見当たらないため、時間が経過すればするほど、下値ブレイクのリスクが見えてきそうです。

今日はポンド円のショートタイミングを模索する分析をしてみます。

ポンド円日足チャート分析

GBPJPY-cdDaily

こちらはポンド円の日足です。

SMA+RCIチャートにしました。

※参考 SMA7:青SMA25:緑SMA50:オレンジ SMAトレード1SMAトレード2

※参考:RCI9:黄緑色(短期)、RCI26:水色(中期)RCI52:橙色(長期) RCIの使い方①

このまま徐々に下落するならば、戻りのタイミングを考えたいと思います。

ずばり、いつも実施しているSMA7にタッチするタイミングです。

おそらくこの角度ですと、金曜日か来週の月曜日ぐらいでしょうか。そこまでは本命のポジションを打ち込めません。

一応打診売りで適当にしておりますが、しっかりと下がるまではもう数日この価格帯で推移が必要です。

ボラテリティがめちゃくちゃ高いので、値幅を7~8円は想定しておかなければなりません。

よって、いつも1万通貨でトレードされている方は2000通貨ぐらいに落として分散させてトレードしていくことをおすすめ致します。ゾーンで取りに行くような感じでしょうか。

ストップも1000pipsぐらい広げて、リミットも1000~2000pipsを想定したような長期トレードをおすすめ致します。

RCI26も-0.8圏内に沈みました。あとはRCI52が追い付いてくるのを待ちたいと思います。

RCI26がボトムに張り付けばまだまだここから強烈な相場が待っているはずです。これを狙いに行く予定です。

RCI9はまだ乱高下しそうですので、数日後、どの位置にいるのかを確認してエントリータイミングで使っても良いのではないでしょうか。

資金管理に徹底を!

今回の相場は、資金管理ゲームがいつも以上に重要視されるトレードになると思います。

ここはしっかりとしていってください。僕自身も非常に注意を払うつもりです。

まだ今後のポンド円の理想の値動きですが、オレンジで囲ったあたりでまだ数日もみ合ってほしいと考えております。

戻りが浅ければ浅いほど、まだまだ若い相場だと判断できますので、134~138円で推移をし続ければ強気で下値を狙いに行けると思います。

くれぐれも資金管理には注意ですが、大相場ですので収益をあげにいきましょう!

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②
ひろぴー式MT4チャート ※PCのみ

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加