【バイトレ】打診買いを入れてから本番へ!

株でもFXでも、打診買い(売り)という考え方があります。

「打診買い」とは、
ロット数の小さいポジションを”とりあえず”建て
相場の方向感を確かめてから、大きなポジションを入れるという作戦です。

最初の小ロットエントリー後
たとえ相場が予想外の動きをしても、損切り額は小さくて済みます。
バイナリーオプションでも、このテクニックが使えます。


■【バイトレ】まずは1枚入れて様子を見る
【バイトレ】打診買い1
9時過ぎ、ドル円上昇110.20円台ピーク。
そこから少し下げたところ。ここから「LOW 1枚」を入れてみます。

もしこのあとドル円が高値を更新し、さらに上昇する動きを見せたら
『損切るか、枚数追加を中止』します。


■【バイトレ】枚数追加+10枚
【バイトレ】打診買い追加購入
ドル円のピークを上抜ける威力はないと見て、本体(10枚)を投入。

■満期までのこり2分
【バイトレ】打診買い3
さらに下落を確信し、もう10枚追加
ぶんせきチャートを見ると、
ボリンジャーバンドのセンターラインから-2σ方向へ下へ向かっています。


■取引終了
【バイトレ】打診買い4
最後に購入した10枚は下落を確認後エントリーしたので
8000円台と高めですが、今回はロット数が大きいので追加購入は有効です。

バイナリーオプションはロットコントロールも大切
そのためにも「打診買い」というテクニックも活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加