バイナリーオプション3つの取引形態「タッチ編」

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

今日は3つのバイナリーオプション取引形態の

3つ目:「タッチ」です。

③タッチ

タッチには 2パターン あります。

「タッチ」と「ノータッチ」です。

目標レートに

・タッチする「タッチ」

・タッチしない「ノータッチ」

を選択します。

バイトレタッチ

タッチは取引時間内に1度でも目標レートに

「タッチ」したら、そこで取引が終了します。

また、

取引時間中、すでにタッチが完了したチケットは

もう購入することは出来ません。

■ユーロドルのタッチ画面

タッチで終了

①と②の価格帯は判定時間前に

目標レートに「タッチ」した為、取引終了となっています。

例えば①②の目標レートの

・「タッチ」のチケットを購入した人は成功し

・「ノータッチ」を購入した人は(タッチされた時点)で失敗確定です。

バイトレ「タッチ」の取引画面です。

<FXTFバイトレ・タッチ取引例>

・銘柄:ユーロ円

・判定時刻:15:20

・目標レート:130.565円

上記の条件で

「タッチするか、しないか」を選択した場合の取引画面↓

■バイトレ・タッチの場合

バイトレTOUCH

判定時刻までに、ユーロ円が下落し

目標レートにタッチしたら「その時点で」取引成功

チケット購入価格

・タッチ:4660円

■バイトレ・ノータッチの場合

バイトレNO TOUCH

判定時刻までに、ユーロ円が目標レートに

「タッチしなかったら」取引成功

チケット購入価格

・ノータッチ:9690円

<タッチの戦略>

①相場が大きく上昇、または下落しそうな時に

・予想方向へ「ワンタッチ」を選択

・予想と反対方向へ「ノータッチ」を選択

②相場に動意が無く、今後も動かなそうな時

・「ノータッチ」を選択

<ポイント>

目標レートに現在の価格が一度でもタッチしたら、そこで取引終了。

その時点で精算されます。

➡「タッチ」だけが取引時間未定のバイナリーオプション

「タッチ」は相場に動意があったり、ブレイクアウトしそうな時だけに

通用するBOではありません。動かない時にも使えるのです。

このように、3つの取引形態をマスターすれば

「相場に動意がある時でも、ない時でも」

色々なトレード戦略が立てられます。

また、

銘柄や、時間帯のクセにあわせて

3つの取引形態を使い分けるのも作戦の1つ

以上

①ラダー

②レンジ

③タッチ

の紹介でした!(゚ー゚)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です