バイナリーオプション3つの取引形態「レンジ編」

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

今日は3つのバイナリーオプション取引形態の

2つ目:「レンジ」を取り上げます。

②レンジ

レンジには2パターンあります。

「レンジIN」と「レンジOUT」

判定時刻に価格が一定の範囲内に

・収まっているか(レンジIN)

・外にはずれているか(レンジOUT)

の選択

バイトレレンジINとレンジOUT

チャート上には目標レートが上下2本あり

判定時刻の時点での現在価格が2本の価格範囲内に

①収まる➡レンジIN

②収まらない➡レンジOUT

を予測します。

実際のバイトレ「レンジ」の取引画面です。

<FXTFバイトレ・レンジ取引例>

・銘柄:ドル円

・判定時刻:17:20

・目標レート:『119.610以上ー119.690未満』

上記の条件で

「INかOUT」の選択をした場合の 取引画面↓

■バイトレ・レンジINの場合

バイトレレンジIN

判定時刻に緑のゾーンに価格が収まっていたら取引成功

チケット購入価格

・レンジIN :9510円

■バイトレ・レンジOUTの場合

バイトレレンジアウト

判定時刻に上下ピンクのゾーンのどちらかに価格があったら取引成功

チケット購入価格

・レンジOUT :4700円

<レンジの基本戦略>

・相場に動意が無く、このまま推移しそうだったら:レンジIN

・上か下か、どちらかに大きく動きそうだったら:レンジOUT

<レンジの応用戦略>

・小動きなレンジ相場からのブレイクアウトを狙う

・インパクトのある経済指標発表時の動意を狙う

・動意があった後の凪相場を狙う

<ポイント>

①「レンジOUT」の場合は上でも下でもOK!

➡とにかくレンジの外に出ていれば取引成功

銘柄や取引時間によって「レンジ」が取引しやすい場合がある

「レンジ」は

レンジ相場だけに通用するBOではありません。

色々な戦略が立てられる

面白いバイナリーオプションです。

機会があったらぜひ挑戦してみて下さい。(‘-^*)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です