レンジ相場のドル円を攻略する【バイトレ】

円高が続いていたドル円が
109円台大台のせ後、底堅い動きとなっています。

レンジ相場でも十分取引できるのがバイナリーオプション取引です。
今回は「レンジ相場の逆張り実践トレード」を紹介します。

■バイトレ第6回号 17:10~19:20
バイトレ19071ブログ用

取引終了12分前にラダーオプションの「LOW」を選択

・現在レート:109.238円に対し、目標レート:109.249円

・チケット購入価格:6160円(1万円コース)

現在のレートから「上がるか下がるか?」を予想する取引となります。

■トレード判断は「ぶんせきチャート」
バイトレ1908 2ブログ用

取引時間後半の投資判断で特にお勧めなのが、
「ぶんせきチャートとBOチャートの併用」です。

チャート上の右上「赤い○」を押すと
分割された2つのチャートが同時に表示されます。

ぶんせきチャートの良さは、
バイナリーオプション専用のテクニカルチャートなので
価格が「1本値」なところです。

他のFXチャートを参考にした場合、価格が若干異なってしまいます。
(FXはスプレッドがあるため2本値表示)

投資判断に利用するテクニカル分析ツール、おすすめは
ボリンジャーバンドの±2σタッチで逆張りエントリーです。

ただし、この逆張り手法の条件は

①ボリンジャーバンドの向きが平行(レンジ相場)
または
②バンド幅がいったん広がった後、スクイーズ(収束)したところ

反対に、ボリンジャーバンドをトレンド相場で使う場合は
±2σをブレイクする「順張りサイン」となってしまうからです。

■取引終了【19:20】
バイトレ1920 ブログ用4

ボリンジャーバンドの+2σ(上バンド)に張り付いた
ドル円はブレイクせずにやや下方向へ。

<判定時刻>
目標レート:109.249円に対し、現在レート:109.196円
その差、5.3PIPSという狭い値幅でした。

FXではそれほど利が乗らないPIPS差であっても
バイナリーオプションでは十分利益が獲得できます。

エントリーのタイミングは、何度か相場と向き合って習得する必要はありますが
よくあるパターンなので、一度チェックしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加