ドーハ会合合意ならず!

2016011206_ひろぴー画像アイコン用-150x150

前回:1月~3月の相場の振り返り記事でした。

⇒ 参考(前回記事):2016年1月~3月相場の振り返り

個人的には、今一つ満足はできない結果でした。

もうしばらく難易度の高い相場は続きそうです。

4月~6月はしっかりと取っていきたいと思います!

ドーハ会合、草案が棄却。

週末はドーハ会合、そしてG20を控え、ドル円、クロス円のショートポジションの調整が大きめにありました。

ドル円は107.60近辺から109.70近辺までとおよそ2円の上昇です。

大きくドル円はショートに傾いていたことにより、戻しも強烈にワークしました。

2円の調整戻しがあったので、次は高値から3円ぐらいの下落でしょうか?

ドル円は110円をトライする動きで見ておりましたが、少し手前で大きく反落してしまいました。

理由は、G20で急激な円高への同情が誘えなかったこと、そしてドーハで開かれていた産油国の会議にて、増産凍結を大筋進んでいたものが最終的に棄却されてしまったことです。

サウジアラビアがイランの増産に納得がいかずに最後の最後までゴネていたそうで、ロシアがかなり歩み寄っており、ドーハ会合は産油国全体で合意方向に沿っておりましたが、最後の最後でどんでん返しとなりました。

よって、今週月曜日は、二つの大きなイベントを通過、そしてリスクオフ方面に舵を切られるネタが2つあったことにより、ドル円、クロス円は大幅な窓を開けてスタートしました。

ドル円のターゲット105円前半に。

ドル円のターゲットは当初通り、105円台に設定をし直します。

このファンダメンタルズでドル円、クロス円の調整、上昇相場が終わったことにより、再び売りで参入しようと思っております。

USDJPY-cdH4

ドル円の4時間足です。今日はMACDチャートにしました。

まず、先週月曜日ですが、ダイバージェンス発生からの2円上昇でした。

その後、4日営業日をかけて上昇し続けて、MACDも0.00ラインを突破、ダイバージェンスのエネルギーは一旦リセットされたでしょう。

そこからのデットクロス発生です。短期的なショートポジションは明らかに解消されておりますので、再び下落目線からの参入でよいでしょう。

窓をあけておりますから、閉めに行く想定で108.50をバックにショートを構築するのが良いのではないでしょうか。

ただ、ドル円ショートを損切りした人は全く売れておりませんから、かなり上値は重いはずです。次から次へ新規のショートポジションが入ってきますから、戻しは浅いと思います。

まずは本日、目をつぶって成行ショートで構わないと個人的には考えております。

遅くとも、欧州時間始まる前に1ポジションは売っておいたほうが良いかもしれません。

資源価格上昇からこちらも反転へ

AUDJPY-cdH4

お次に豪ドル円の4時間足です。

こちらは原油価格上昇とともに大きく上昇をしておりました。それが否定された形です。買われ過ぎたものは必ず売られます。ドル円以上に下落の余地を残していると考えております。

ご覧の通り、豪ドル円のRCI26(水色)は+0.80圏を下回ってきました。下落示唆です。売り目線でトレードしましょう。

※参考:RCIの色分け RCIの使い方①

RCI9:黄緑色(短期)

RCI26:水色(中期)(エース指標)

RCI52:橙色(長期)

こちらはターゲット80円トライを見せるのではないかと考え、80.10円に利食いを指してショートを開始しました。

現在、ボラティリティ高くて正確なプライスは言及できませんが、82円後半で推移しております。

250pips近くは値幅がありますので、余裕を持って81円だったとしても150pips値幅があります。

こちらもドル円と同じく期待してショートです。こちらも成行で先ほど入ってしまいました。

今週末のファンダはサプライズではありませんが、どっちに転ぶか全くわからない状況でした。よって、新規のポジションはこれからたくさん入ってくると思います。

今日、明日は戻りは浅いと思いますので、まず、売ってみて上がったらラッキーぐらいで売り増ししていけば良いのではないでしょうか。

そのスタンスで今週前半はトレードに臨みたいと思います。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加