ドル円は112円割れ待ち?

2016011206_ひろぴー画像アイコン用-150x150

前回:今週月曜日はドル円、豪ドル円上昇目線で論じました。

⇒ 参考(前回記事):年度末決算だが、ドル円、豪ドル円は買いで!

一昨日、イエレン議長のハト派のコメントを受けてドル円が急落しました。

しかし、豪ドル円は上昇しました。ドルスト中心に米ドル売りが多発した模様です。

今日はその値動きを考慮して今週後半の戦略を練っていきましょう。

ドル円はやはりレンジ相場か?

火曜日の夜中からイエレン議長の講演があり、その先週から各連銀総裁のタカ派コメントを受けて密かに期待が高まっていた講演でした。

そして内容はいつも通りと言えばいつも通りなのですが、ハト派の内容でした。

この結果から、ドル円は大きく下落。日を跨いでますが、113.80円の高値を付けてから一気に112円近辺まで値を下げました。

何営業日もジワジワ値を上げていただけに、下落も強烈なものがありました。

個人的にはここからは様子見です。これで買い方も売り方もやられたのでレンジ相場目線でいる必要があります。

ドル円もおそらく直ちに高値安値を更新していくことはないと思われます。

112円割れたあたりに大量のストップロスがありそうですが、おそらく111円台後半をヒゲで切り返して戻るパターンではないでしょうか。走り切るようなことはないと考えております。

ドル円日足チャート

IMG_1653

今日はスマホアプリチャートにしました。

時間をかけてですが、まだ上昇目線でおります。

MACDが0に一度戻らない限りはトレンドエネルギーが貯まった証拠になりませんので、もう1~2週間はレンジ相場継続で考えております。

直近ベースで細かく申し上げると111.50~113円ぐらいの150pipsの狭いレンジを狙いたいと思っております。

112円を割れたら少し買ってみる予定です。

112円割れで下ヒゲを付けますと、また買戻しが入りやすいと思いますのでそれを狙いに行きたいと思います。

移動平均線の位置を見てみると、DMA25のセカンドトライも失敗しました。

ですので次は3回目のトライになります。いい加減抜ける確率が高くなってきます。

上昇ならば113円も超えてこないといけません。

ここに行く条件としては112円割れを実現してからだと思われます。(買い方のポジションを一回損切りつけさせて軽くさせるため。)

それまでしばし我慢でしょうか。

豪ドル円が上昇?

IMG_1654

豪ドル円です。

こちらはドル円とは逆の動きですね。上値を超えてきました。

ただここは86.30ラインが引けるレジスタンスポイントです。すでに過去に3回止められた点です。

ようやく抜けてきました。しかし、運の悪いことにすぐ上に200日線がありました。ここもレジスタンスポイントです。

86.60~70近辺が現在の200日線が位置しているポイントです。

越える条件としては86円台に乗せてキープしつつも、86円台後半を伺う値動きが1時間足や4時間足などで出てくると良いのですが、少々ハードルが高そうです。

ドル円が今一度下落をして111円台に突っ込んだのを見届けてから豪ドル円もロングしていくと良いかもしれません。

こちらも同様に1~3営業日様子見のチャンス待ちといったところでしょうか。

今日明日はエントリーポイントまで下落してくるのを待つといった戦略にする予定です。

ドル円は具体的に111.50~80ぐらいに買い指値を少し並べようかと考えております。

◆本稿は筆者の個人的見解に基づき、執筆されたものです。あくまでも個人ユーザー向けのコラムとして提供された参考記事であり、FXTFの見解、分析ではございません。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加