DMA25×5を使ってみよう。

2016011206_ひろぴー画像アイコン用-150x150

先週水曜日の記事は、DMA3×3についてお話しさせて頂きました。

⇒ 参考(前回記事):DMA3×3使い方。

DMA3×3は

1.スラストというトレンドの発生の有無を図る指標

2.トレンドが一旦終息するか否かを判断する基準線として使う。

3.持っているポジション量を調整するシグナルを送ってくれる。

です。

本日はこれと相棒である、DMA25×5について説明を入れていきたいと思います。

DMA25×5を順張りで使う時。

先週と同じポンド円4時間足チャートです。

IMG_1146

※DMA3×3(黒色) DMA25×5(緑色) EMA62(ピンク) EMA144(黄色) SMA200(オレンジ) SMA800(チャートリュース)

参考記事 ⇒ スマホ用MT4でテクニカル設定方法①

DMA25×5は、ずばり、サポートやレジタンスになりやすい、です。

併せて、トレンドの最初の転換をいち早く教えてくれる指標になります。

例えば、こちらのチャートの左のピンク丸で囲った箇所、こちらは上手くワークしている典型的な例であります。

最も、サポートされる可能性が高いポイントは、トレンド発生後に最初に戻ってきたDMA25×5線は戻される可能性が高いです。

このDMA25線にタッチをしにきたら、トレンドが最後の押し目、戻り目のポイントだと思ってください。

順張りで使える唯一の使い方になります。

セカンドトライ、サードトライは注意!

IMG_1146

但し、ワークするのは1度のみであることが多いです。2度目のトライ、3度目のトライは逆に抜けてくる確率のほうが高いため、そこでは追加ポジションを入れません。どちらかというと、利食いタイミングだと思ってください。

添付のチャートは2度目のトライです。今回はこれで抜けてしまいました。

DMA25×5線を抜けると、トレンドは終焉しやすく、EMA62線まで、一度向かうことが多々あります。

ですので、2度目のDMA25×5線のタッチには、非常に注意をされてください。

この使い方は最も使える目玉手法ですので、2度目、ないしは3度目のDMA25×5線タッチはブレイクに発展する可能性が高いとお考えください。

もちろん、2度目もレジスタンスとなり、下がっていくこともしばしばありますが、ここから突っ込んで勝負しても経験上あまり良いことはありません。

そのような場合では、傍観でお願い致します。

DMA25×5がサポートされるタイミング!

IMG_1146

最後に、サポートされるパターンです。

DMA25×5をしっかり抜けた後、サポート役に回ることがしばしばございます。

ここも押し目は拾い行くことが多いです。

うまくワークすると、EMA62まで戻り、ここをブレイクするとEMA144までタッチしにいくことがあります。

このトレードを実践する場合は、直近の安値にストップを置いて、利食いをEMA62タッチで半分ほど。残りは建値にして、EMA144タッチで全利食い実施することが多いです。

これを僕は調整波トレードと呼んでおります。このトレードはSMA200線(オレンジ)で終了となります。

あとわずかですが、おそらくタッチしに行くのではないでしょうか?

本日は、DMA25×5の使い方について説明を申し上げました。

おさらいです。

①DMA25×5のファーストタッチがトレンド最後の戻り(押し目)になることが多い。

②DMA25×5へのローソク足がセカンドトライする際はエントリーは控える。ポジションを持っていたら、むしろポジションスクエアを心がける。(またはカットする。)

③レジスタンスであった移動平均線がサポートに代わる場合がある。チャート形状の通り、売買イメージを逆転させるタイミングでもあるので、トレンドで収益をあげた売り方を倒すほうにいち早く回れる。

以上、この3つの使い方を覚えておいてください。

関連記事まとめ

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加