High↑ かLow↓か?表記方法の違い

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

バイナリーオプションは

「上か、下か?」2つのうちどちらかを選択する

という「権利」を取引する商品です。

「上か下か?」の取引にはいろいろな表記があります。

■ハイロー型

HIGH,LOW

・価格上昇を予想➡「High」ハイ

・価格下落を予想➡「Low」ロー

◎FXTFのバイトレ!は「ハイロー型」です。

■コールプット型

・価格上昇を予想➡「Call」コール

・価格下落を予想➡「Put」プット

これはオプション取引の表現方法です。

意味はハイローと同じ。

■円安・円高型

●ドル円やユーロ円・ポンド円などの『クロス円』の場合

・価格上昇を予想➡「円安」

・価格下落を予想➡「円高」

●ユーロドルやポンドドル、豪ドルなどの『ドルストレート』の場合

・価格上昇を予想➡「ドル安」

・価格下落を予想➡「ドル高」

上がるのに『円安』、下がるのに『円高』

これは為替の仕組みを知っていればわかる事ですが

最初のうちは

イメージ的に違和感を覚える所ではないでしょうか?

■最初のうちはBO取引を1社に絞ろう

国内の各BO業者では

それぞれ採用している「型」が異なります。

また、

High (↑)と Low(↓)の取引ボタンの位置

各社でそれぞれ異なります。

私自身、先日あわててエントリーして

「取引ボタン」の押し間違いによるトレードミスを

やってしまったばかりです。 (^-^;)ゞ

ですから ”BO取引デビュー” したあと

当面は業者を1つに絞り

取引画面の操作に慣れるまで、集中して行ったほうが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です