バイトレ「レンジ」の実践トレード②

バイトレ「レンジOUT」の続きです。

バイトレ「レンジ」の実践トレード①

2分経過し、取引時間終了。 【12:20満期】を迎えました。

チャートを確認します。

■FXTFボリ平ドラゴン式「MT4」ドル円1分足チャート
1223バイトレレンジ21220

ボリンジャーバンドのセンターライン(20EMA)

にタッチした後2本目の陰線で下落ストップ

そこから反転し

ボリンジャーバンド+2σまで上昇しました。

FXでは大した値幅ではありませんが、「BOでは十分な動き」です。

■バイトレ取引結果
1223バイトレレンジ33

上方への「レンジOUT」取引成功

ボリンジャーバンドがスクィーズ(収縮)して

値動きが小さい時は、ボリンジャーバンドの「反転ポイント」

「センターライン」なります。

レンジ相場の場合、上昇下落の値幅が少ないため、

ボリンジャーバンドの外側ライン(±2.3σ)に行く前に

センターライン(20EMA)で押し目を作ることが多い ので

それを狙ったトレーディングでした。

同様に『FX』でも使えますが、

FXで値幅が取れるかどうかは、その時の形状や銘柄によると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加