11月度米雇用統計前のトレードは難しかったのでは?

皆さん、こんにちは。ボリ平です。

12月4日(金)22:30

11月度の米雇用統計が発表されました。

・非農業部門雇用者数(NFP)は+21.1万人と、予想+20.0万人よりやや強め

ポジティブサプライズとなった前月(10月分)は

+27.1万人から+29.8万人へ上方修正され、年内利上げが確実視される結果となりました。

ドル円は、指標結果を受けて

123.30円台まで上昇後、発表前の122.90円台にいったん戻り

123.15円で引けるという、振幅の激しい相場でした。

さて、バイトレはこの雇用統計の10分前に終わる取引回号があります。

この「第7回号」は普段でも取引量が多いのですが、

さすがに今回は、苦戦した人も多かったと思います。

■バイトレ!みんなの損益結果(12月4日分)

124損益結果

・購入ユーザー数の多いオプション「トップ1」

第7回号の「ドル円」ですが、

ペイアウト100%以上のオプション一覧では

『空欄=100%超えならず』となっています。

ちなみに第2位の第6回号も100%超えしていません。

MT4のボリ平ドラゴン式、ドル円1分足チャートを見てみます。

■【MT4】USD/JPY

124NFP1

通常だと、米雇用統計前の相場の動きは

発表があるまでは様子見相場となるのですが、

今回は、前日のECB総裁発言によるユーロ急騰や

次回FOMCでの利上げが確実視されている事もあり、市場はすでに織り込み済み
ドル円は指標発表の1時間前からどんどん上昇して行く展開となりました。

バイトレ第7回号は

『20:10~22:20』の取引時間です。

ちょうどここにハマっているので、予想が難しかったと思われます。

「バイトレ!みんなの損益結果」は翌日には集計され

FXTFに口座をお持ちの方なら誰でも見ることが出来ます。

これは貴重なデータですから、

トレードした翌日はぜひこれをチェックして

自分の取引時間は「100%超え」=取引しやすい回号・銘柄だったか?

次回の取引を成功するために、参考にしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加