「上か下か?」何を根拠に取引すればいいの?

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

バイナリーオプションは

目標レートよりも「上か、下か?」を予想する取引

という事が分かったと思います。

それでは

  「何を根拠に、何を見て

       それを判断したらいいの?」

という疑問が湧いてきます。

みなさんご存じだとは思いますが、

「バイナリーオプション」という銘柄はありません。

国内で取引されているバイナリーオプションの銘柄のほとんどは

「FX」で取り扱われている銘柄(通貨バイナリー)なのです。

私は普段から

米ドル円のバイナリーオプションの取引をする時には

” 米ドル円のFX取引を行うように ”

FXのチャートやマーケット情報を活用します。

これは何故でしょう?
バイナリーオプションは「オプション取引」の1つです。

そもそも、オプション取引とは
期日までに特定の売買を行うという「権利」を売買する取引です。

この”オプション”という『デリバティブ商品』には

必ずその動きの基となる 原資産(げんしさん)が存在します。

■デリバティブと原資産

デリバティブと原資産

国内バイナリーオプションで原資産にあたるのが

「外国為替」なのです。

ちなみに
同じデリバティブ商品の「日経225先物取引」の原資産は
「日経平均株価」です。

「米ドル円のバイナリーオプション」

の原資産は
「米ドル円の外国為替取引」

になります。

したがって

バイナリーオプションの取引には

FXの知識が必要です。

これが

FXトレーダーがバイナリーオプションを始めると

だんぜん有利だ、という理由です。

「FXとバイナリー」

銘柄が同じなら、見るべきチャートや投資ツールは同じです。

ですからトレードの条件、タイミングにより

FXとバイナリーオプションを使い分けられるようになると

かなり投資の幅が広がりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です