【ボリ平ドラゴン式】定型チャート(導入編)

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

今回は、ボリ平ドラゴン式のインジケーターをインストール後

実際にチャート上に導入する方法について解説します。

「ボリ平ドラゴン式定型チャートについて」
【ボリ平ドラゴン式】定型チャートリリース!

■FXTF MT4を起動

①「ファイル」➡「新規チャート」

銘柄を選択(ここではドル円 USD/JPY)

②新規チャートの上で「チャート(C)」を選択し

「定型チャート」➡オリジナルインジケーター

Borihei_dragon または Borihei_dragon_white を選択

ボリ平ドラゴン式定型チャート1

↑2種類のインジケーターはチャートの背景が「黒か白か」で色合いを変えています。

普段使い慣れているベースに合わせてご使用ください。

■黒背景と白背景チャート

MT4ボリ平ドラゴン式黒・白

↑どちらも、ボリ平ドラゴン式の仕様は同じです。

特徴的なのは

・ドラゴン(遅行スパン)が他の線よりも太い事

・ボリンジャーバンド±1~3σのラインが同じ色

・センターラインは20EMAを使用している

・「グリッド」を薄めにして目立たないようにしている  などです。

■普段私が使っているボリ平ドラゴン式のチャートスタイルを紹介します↓

ボリ平ドラゴン式おすすめチャート

FXでもBOでも短期トレード中心なので、

「1分足」チャートがメインです。

下の「5分足」を15や60分足などに時々変えて全体のトレンドを見ます。

主要銘柄は2つ「ドル円・ユーロドル」

その他の銘柄は最少化しておき、使うときだけピックアップします。

1分足の下部には日本時間のインジケーターを入れています。

FXTF – Japan Time(インジケーター)
◎使い方はこちらから(FXTFマニュアル)→FXTF – Japan Time(インジケーター)PDF

みなさんも、独自に「ボリ平ドラゴン式」を使いやすくカスタマイズして

どんどんトレードで成果を出してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加