バイトレ取引時間の「重なり」と「入れ替わり」

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

バイトレは取引時間:2時間10分

これが「1日:11回号」開催されます。

その時に、各回号で「重なり時間」があるのをご存知ですか?

■バイトレの取引時間

バイトレ重なり時間

・第2回号の判定時刻➡10:20

・第3回号の開始時刻➡10:10

10:10~10:20の10分間は

第2回号と第3回号が同時に開催されている時間帯なのです。

この「重なり」により同じ銘柄を

異なる回号で、同時にエントリーすることも可能なのです。

■バイトレの各回号スケジュール

バイトレ重なり時間2

夏時間と冬時間には1時間のズレがあります。

どちらも第1回号だけが20分スタート(取引時間:2時間)

それ以外は10分スタートで満期が20分です。(取引時間:2時間10分)

■バイトレ取引画面 #3

バイトレ重なり時間3

第3回号のドル円 14:12現在の取引画面です。(ペイアウト1000円コース)

チケット購入〆切まであと5分38秒、満期まであと8分のところです。

■バイトレ取引画面 #4

バイトレ重なり時間4

同じく14:12現在のバイトレです。

こちらは、第4回号。

取引がスタートしたばかりです。

同じ時刻、同じドル円という銘柄ですが、

満期までの残存時間も、目標レートも違います。

■回号順が変わるので注意!

バイトレ重なり時間5

チケット〆切まで5分を切ると、前後の回号の順番が入れ替わります。

図は先ほどの第3回号↑

5分を切ったので、第4回号(#4)が一番左に来ます。

メインのチャート画面も第4回号になってしまいます。(図は#3に戻しています)

回号順が変わっている事に気が付かないと

「あれ、もう第3回号は終わっちゃったかな?」

と勘違いして取引チャンスを逃します。

私の短期BOトレードの場合、

「ラスト、ここからエントリーすることが多い」のです。

「10分の重なり」と「回号順が変わる事」

是非、チェックしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加