カスタムインジケーター ゴールドシステム 人気です!

カスタムインジケーターというのは、MT4に元々備わっているMA(移動平均線)

ボリンジャーバンド、RSIといったインジケーターではなく、MT4のプログラム言語を

使用してどなたかが開発したものです。

分かり易く売り買いのサインが出たりするもので、そのサインをそのまま参考にするケース

あるいは、元々備わっているインジケーターやファンダメンタルズを確認しながら

カスタムインジケーターも見るという様な使われ方が一般的です。

今日はそんなカスタムインジケーターの中でも、最近、fx-onで非常に人気の高いモノ

をご紹介したいと思います。

ゴールドシステムというインジケーターで有料ですが\2,980(税込)と高額なものではあ

りません。

20151031_C_C

上の画の通り、丸印のサインが出現し売り時、買い時を表示してくれます。

開発者は、MQL Programmer という方です。

ところが、殆どのカスタムインジケーターがそうですが、詳しい仕様の説明がありません。

ロジックが分かってしまうとということが理由かもしれませんが

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お薦めは eur/usd,、usd/jpy、 eur/jpy、 gbp/usd。

15分足以上をお薦めします。私は1時間足でトレードしております。
ずばりENTRY(エントリー)とEXIT(イクジット)を明確なサインで表示します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

としか書かれていません。

多くのお客様が手に入れられましたので、その人気の秘密はサインの精度にあると思われ

ますが、実際に使用する場合は、しばらく売買のタイミングが相場に有っているか

一定期間確認しましょう。

また、開発者のロジックを何となくでも知るために、別チャート、MT4に元々備わっている

インジケーターを表示して比べてみるのも良いでしょう。

いろんなトレーダー(開発者)が作ったインジケーターが使えるというのもMT4の魅力

です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加